検索

8000年の歴史を持つ世界最古のワインと、絶品ジョージアグルメ。【イランとヒジャブとわたし vol.21】

【イランとヒジャブとわたし vol.21】思い出すと、またすぐに行きたくなっちゃう!ジョージアは、日本からアクセスは悪いけれど、魅力溢れる素敵な国なのでした。

2018年ももうすぐ終わり。早いもので、中東生活を始めて1年が経ちました。

 

今日はそんなわたしが、前回に引き続き

イランから飛行機で1.5時間!旧ソ連、ジョージア(旧グルジア)の首都トビリシ旅行の様子をお伝えします。

 

前回記事はこちら

 

今回は、旅行のお楽しみ!ジョージアグルメを紹介します。

初めて訪れた国ですが、全体的に日本人好みなごはんが多い印象でした。香草をよく使用し、ビールやワインなどのお酒がついつい進んでしまう、そんなトビリシごはんがたくさんありました!

 

 

かわいい形のパン!その名も「ハチャプリ」

 

現地の言語でプリはパンを表すそう。

ハチャプリは、かわいい形の焼きたてパンにチーズや卵、バターが入ったもちもちサクサクパンです。

 

 

サイズは様々。わたしが頼んだハチャプリは大きくて、ふたりでも食べきれないほどでした。レストランはもちろん、パン屋さんでもよく目にしました。

 

 

写真は、古くから街にあるパン屋さん。暗い階段を降りた先に大きな焼き場を持つお店を見つけました。

 

 

 

 

冷えた体を温めるピリ辛すっぱいスープ「ハラチョー」

 

牛肉にトマトベースのスープ、そこにお米が入ったピリ辛でちょっと酸っぱいスープ、「ハラチョー」。

 

アクセントにパクチーがパラパラと。メインの食事をいただく前に、必ずこのスープを頼んでしまうほど、わたしにはピッタリはまりました!煮込んだ牛肉がほろほろで、さっぱり、でも少し辛くて体がポカポカしてくる。日本人にもウケそう!でも、あまり日本ではない組み合わせ。そんなスープです。

 

 

 

ジョージアといえば!肉汁たっぷりの「ヒンカリ」

 

ジョージアといえば、よく写真をみるのがこのヒンカリ。

 

香草の効いた、肉汁たっぷりの大きめの小籠包のような食べ物でした。ふるふるの皮をつまんで、少し皮を噛んで、中から溢れる肉汁を逃さず口の中へ!人気の理由がわかる、見てかわいい、食べて美味しいヒンカリでした。

 

 

 

わたし的ナンバーワン。ビールが止まらない酒泥棒「オジャクリ」!

 

ジョージアに来てみてびっくり、お酒がとても種類豊富でお手軽な値段なんです。

 

500mlの大きなグラスの生ビールがごくごく進んでしまう、そんな相棒の料理の名前は「オジャクリ」!

カリカリジューシーな豚肉(豚肉、牛肉どちらもありました)と玉ねぎ、たっぷりのニンニクとジャガイモが合わさったジョージア流のジャーマンポテト。ホクホク、ごくごくのループが止まりません!ハマってしまったわたしは、滞在中毎日オジャクリを注文してしまうのでした…。

 

他にも美味しいごはんはたくさん!それはもう、書ききれないほどです。

 

 

そんなグルジア。

ワインの歴史が長く、街のあらゆる場所に自然にワイン専門店が並びます。

 

 

 

伝統的なカメのような容器で作ったワインをはじめ、テイスティングしきれないほどのワインが歓迎してくれます。目安の価格を伝えると、様々紹介してもらえます。(1000円以下のものから、高価なものまで本当にたくさん!)飲み比べをしながら、好きなボトルを選ぶのも、旅の楽しみかもしれません。

 

ワイン屋さんで購入したワイン、お菓子を並べてお部屋でパーティー。そんな自由な旅も時にはありかも。

 

 

思い出すと、またすぐに行きたくなっちゃう!

ジョージアは、日本からアクセスは悪いけれど、魅力溢れる素敵な国なのでした。

 

 

 

Text:Mami Yamada

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!