検索

しあわせの国デンマークへの車旅・後編【ベルギーのかわいいとおいしい vol.8】

【ベルギーのかわいいとおいしい vol.8】コペンハーゲンのアンティークショップで購入した器やコーヒーカップ、照明。ずっと大事に使いたいものが増えました。

コペンハーゲンでの一番の楽しみは、アンティークショップめぐり!

 

ブランドなどくわしくはありませんが、器好きなわたし。

日本で買うよりもずっと手にしやすい価格で買えると聞いて楽しみにしていました。

 

Royal Copenhagen(ロイヤルコペンハーゲン)がやっぱり有名ですが、Jens H.Quistgaard(イェンス・クイストゴー)のほうがわたしは好みで、アンティークショップでたくさん並んでいるのを見て大興奮でした。カップ&ソーサー以外にも、ポットやミルクパン、鍋、バターケースなどいろんなタイプの食器があってもう目移りです。

 

デンマークは通貨が「デンマーククローネ」という独自のものなのでわかりにくいのですが、えっ!こんなので買えちゃうの!?というお値段でうれしくなりました。

 

 

スウェーデンが近いこともあって、スウェーデンのアンティークも多く並んでいました。

 

 

こうやってみてみると、スウェーデンのものってどことなく日本の民藝に近い雰囲気がありますね。柄がはっきりとしていて素朴な雰囲気もありながら大胆なデザインと色。

 

 

今回はデンマークのもので予算オーバーだったことと、2人の男の子といっしょではゆっくり見れなかったので、スウェーデンのものはまた後日見れるといいなぁと思います。

 

 

 

たくさん見たなかで選んだのは…

 

今回の旅で私たち夫婦が買ったのはこの器や照明です。

 

 

北欧食器初心者が買うようなラインナップですが、クイストゴーの代表作レリーフはやはり欲しくて、コーヒーが大好きなデンマークの方が作るカップだからか、コーヒーが似合うんです。

 

 

大きめな平皿は朝ごはんによく使います。普段柄のある器をあまり使わないのでどんな感じになるのかなと思ったけれど盛り付けがおもしろかったです。カレーなんかも似合いましたよ!

 

 

照明はこちらにしました。

デンマークデザインでは有名なルイス・ポールセンのアンティークもたくさん見かけたのですが、いちばん気に入ったのはどなたがデザインしたのかわからない真鍮のものです。

 

シンプルにみえますがカーブが美しく、真鍮の鈍い輝きがいい雰囲気です。どことなく研ぎ澄まされた感じがして一目惚れでした。

ベルギーの家では設置できないので、いつかのときまでに倉庫行きですが、せっかくここまで車で来たし思い切って買いました!

 

 

 

様々な場所を観光して改めて気付いた、それぞれの国の特徴。

ブリュッセルからコペンハーゲンへの往復は途中いろいろなところで観光や宿泊しながらですが、1週間かけて合計2000キロ、24時間くらい走りました。いまから思うとたくさん車に乗ったなぁと思うのですが、なにせ高速道路が無料なのでがんばれます(笑)

高速道路に乗っていると国が変わるごとに制限速度の上限や看板が変わるのですが、そこでの面白い発見はデンマークのフォントが一番かわいかった、という事です。やっぱりデザインに優れた国だなぁと思いました。

 

サービスエリアは日本のように充実はしてないですが(日本のSAはすごいですよね!)、それも国によって違います。トイレはベルギーとドイツは有料です。テーマパークのゲートのようになっていてお金をいれると開く仕組みです。

50セントのところが多いと思うのですが、お店で使える割引券が出てくるので実際はもう少し安くトイレに入れます。ベルギーに住んでいると、公共のトイレはどこもたいてい有料なのでそれに慣れてしまっていて、デンマークでお金がいらないとわかり、びっくりでした。

 

そしてドイツのトイレは自動で便座が回るんです。用を足して立ち上がるとそれに反応して回転し、便座をクリーニングしてくれます。最初ウィーンって言い出したので、ウォシュレット!?水が噴水になったらどうしようと焦りました。日本にもこういうトイレあるんでしょうか?日本人に似て几帳面なドイツっぽいですよね。

 

でもこのうれしい仕組みが我が家には仇となりました。おむつがとれて間もない2歳の次男を、トイレに座らせたら軽いからなのか、小さくてセンサーが反応しないからなのか、座ったまま回りだしてしまって、恐怖でもうトイレの中で大号泣。。。ドイツのサービスエリアではトイレができなくなりました。いまでもでかけた先のトイレでは、まわる?と確認します笑

 

あとは日本と違ってサービスエリアの数も少なく、告知の看板(何キロ先にSAがあるというような)もほぼありません。いきなりあと2キロでSAですというような感じなんです。運転していて「ガソリンが残り120キロ分くらいだから次あったらいれようか」なんて話していたのに、一向にサービスエリアがでてこず、もうやばいとなってよくわからないとってものどかなところで高速を降りました。降りてナビを確認すると最寄りのガソリンスタンドが田舎だからかまた遠いんです。結果40分くらい時間をロスして車内はぴりっとした空気に(笑)。

 

そんなこんなでトラブルもありながら、大人は買い物とおいしいコーヒー、こどもたちはレゴランドとみんなが満足したデンマーク旅になりました。来年は飛行機で行こうと思います!

 

 

《today’s knitting 》

Order mittens

 

 

去年の展示会でオーダーをお受けし、今年の夏にお届けするミトンが全部できました。

これは一部なのですが、オーダーは私が選ばない色合いを選んでくださることも多くてとても楽しいんです。

 

今年の展示も少しずつ決まってきました。楽しみですし、製作頑張ります。

 

 

編み物やベルギー生活の日々のことはinstagram@shiotasunaoもご覧ください。

 

 

文・塩田素直(編み物作家・handmade mittens SUNAO)

インスタグラム:https://www.instagram.com/shiotasunao/

HP:http://sunaomittens.petit.cc/

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!