検索

グルメの街、サウス・ピガールで美味しいコーヒーを。【Nahoのおパリ文化回覧帳 vol.6】

【Nahoのおパリ文化回覧帳 vol.6】パリ屈指の観光名所、モンマルトル地区から南下したピガール駅周辺は歓楽街として有名ですが、もう一つ別の顔があるのをご存知ですか?

歓楽街・ピガールのもう一つの顔とは?

 

パリ北側の観光名所と言えばモンマルトル地区。

そこから南下したピガール駅周辺は、歓楽街として有名ですが、もう一つ別の顔があります。

 

それは、おいしいレストランやカフェ、エピスリーやパティスリーが集まる「グルメ地区」としての顔!特にピガール駅の南側とその周辺はサウス・ピガール”と呼ばれ、各々のストリートに人気のお店が点在しています。

 

その中のひとつ、マルティール通り沿いにある「KB Coffee Roasters」はお気に入りのお店で、パリに来た頃からずっと通っています。

当時はおいしいコーヒーを飲めるお店が非常に少なかったのですが、その後ここ5~6年くらいで、良質なコーヒーを提供するカフェがあっという間にどんどん増えました!しかし、バリスタさんが淹れるコーヒー、厳選した豆を使用と謳っていても、いつでも安定したおいしさのコーヒーが飲めるお店って以外と少なかったりもするんですよね。

 

 

 

ロースターさんが淹れるコーヒーは絶品!

 

このカフェは、各国から選りすぐった珈琲豆を使用・販売はもちろんのこと、ロースターさん自らがバリスタとしてコーヒーを淹れてくれるという、注目すべき高ポイントが!

だからなのか、このカフェはいつ行っても安定した美味しいコーヒーが楽しめるお店です。ケーキもその場で焼いているので、いつ行っても甘く良い香りが店内に立ち込めていて、食欲もそそられます。そしてケーキもまた、絶品!

 

この日は夏日だったので、コールドブリューと人気のバナナブレッドを。コールドブリューは、水出しコーヒー専用に焙煎された豆を24時間抽出・濾過されたもの。まろやかですっきり、暑い日にぴったりです。

そして私、ここのバナナブレッドが大好きで。これが食べたくて、このカフェに来ることもしばしば。ケーキを口元まで運ぶと、食べる前にもかかわらず、パウンドケーキの香ばしさとバナナの風味が、ふわーっと伝わってくるんです。それから、しっとりとした生地の食感もたまらなく、美味。

 

お店はノンストップで(月曜から日曜まで)開いているのもうれしい。朝は、平日だと7時45分から、土日は9時から開いています。ブレックファースト・メニューは、スコーンやグラノーラなど、ランチはサンドイッチやキッシュなどを中心に、その日によって変わります。

 

 

 

マルティール通りは食の宝庫。

 

このマルティール通り沿いには、本当にたくさんの有名飲食店が軒を連ねています。

 

このKBカフェのすぐ向かいには、オーガニック100%の人気カフェMarlette、それからRose Bakery、伝統的で可憐なフランス菓子を提供するSébastien Gaudardに、マドレーヌ専門店のMesdemoiselles Madeleines、などなど、一文では書ききれない、たくさんの人気飲食店が並んでいます。

そして、週末には時々、このKBカフェの前の通りでブロカントもやるんですよ。

 

サウス・ピガール地区、まだまだ他にも良いレストランや素敵なお花屋さんに古着屋などなど…一言では言い尽くせぬ魅力がいっぱい詰まった、お気に入りの界隈です。

 

 

KB Coffee Roasters
53 avenue trudaine - 62 rue des martyrs

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!