検索

テヘランの、お洒落でかわいい最新カフェ事情。【イランとヒジャブとわたし vol.7】

【イランとヒジャブとわたし vol.7】意外かと思われるかもしれませんが、イランはおしゃれカフェの激戦区なんです!

5月に入りましたね。イランはラマダン期間が始まりました。

(イスラム暦の9月の1カ月間、日の出前から日没にかけて、一切の飲食を断つことをラマダンの期間と言います)

 

ランチ時に賑わうレストランも、

お洒落な女子が集うカフェテリアも、

ショッピングモールにあるフードコートも、

日が沈むまでの間はシャッターがおりています。

 

そんな時期だからか、恋しくなる甘いもの。

今日は、イランのカフェ事情についてお伝えします。

 

 

 

テヘランはカフェ激戦区!?

 

イランはイスラム教の国。なので、国内ではお酒は禁止されています。

 

なので、日本のようにバーやスナックなど、お酒を楽しむ場所がありません。

そのかわりといっては何ですが、かわいくてお洒落なカフェが沢山あるんです!

 

 

ここは家の近くのカフェ。本屋さんとカフェが併設されているカフェです。

 

若い子たちが多いのかと思いきや、中に入ってみると年配の方もちらほら。落ち着く雰囲気で、近隣の住人から人気の様子。

 

 

 

ここもまた、近所のカフェ。とにかくお洒落で、いろんな写真を撮りたくなるお店。

 

イランのカフェは、イランっぽい!と感じるお店もありますが、最近流行りのお店の多くは近代的で、少し西洋寄りなイメージです。

 

 

 

このお店は、テヘラン内に急速に店舗数拡大しているお店、『viuna』。

 

店舗によって店内の内装や商品が異なるので、場所場所でviunaを探すのが楽しみになります。

 

 

 

イラン内の有名な建物(遺跡や橋など)をミニチュアにして配置してある公園内にあるカフェ。

 

テラス席も多く、気持ち良い風を感じながらスイーツを楽しみます!

 

 

 

イランに来たらこれを飲もう!生搾りジュース

 

道を歩いていると、たくさんの生搾りジュース屋さんに出会います。

 

イランの夏は、乾燥し気温がぐっと上がるため、フルーツがとても甘いんです。それらのフルーツを生搾りジュースにしたものが、至るところにあるジューススタンドで販売されています。200円程度でフレッシュなフルーツが楽しめるので、いつもつい買ってしまいます。

 

今からの時期は、生メロンジュースが甘くておすすめ。アナール(ざくろ)の生搾りジュースも甘酸っぱくて、さっぱりしたい時にぴったり!

 

 

また、生搾りジュースと同じように愛されているのが、「マージューン」というシェイクのような飲み物。

 

ナッツやアイスクリーム、バナナやチョコソースがミックスされた冷たい飲み物で、これがとっても美味しくてお気に入り!もちろん、イラン人にも大人気です。

 

 

 

イランならでは?水タバコカフェ

 

日本だと、暗い雰囲気のビルに入って、煙たい空間で吸うイメージのある水タバコ、シーシャ。

イランでは、山の上の開放的な空間でシーシャを楽しむことができます。

 

ペルシア絨毯の上に座って、紅茶を飲みながら吸うシーシャはいいものです。夜ご飯の後の2軒目としてシーシャ屋さんに行く、というお酒のない国ならではの楽しみ方もあります!

 

 

イランは、ここ数年で一気にカフェが増えて来たよう。

これからも進化するイランのカフェ事情に目が離せません!

 

 

Mami

 

 

 

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!