検索

2018年4月、イギリスのお天気事情。雨のち雨、そして夏の空。【my lovely simple life in London vol.6】

【my lovely simple life in London vol.6】お天気の話が好きなイギリス人たちのお話です。今年の4月の事情はいかがでしょうか?

気まぐれなことこの上ない、イギリスのお天気事情。

 

イギリスの人はいつもお天気の話をする。知っている人とも知らないと同士でも「いいお天気ね」 とか「雨が多くっていやになるね」とか。昨日会っていても、久しぶりに会っても、初めて会っても、お天気の話をする。それはきっと、お天気はどんなに褒めても、悪口を言っても、差し障りのない対象だからということと、特にイギリスのお天気は変わりすぎて、話のネタにはちょうどいいのだろう。

 

 

先週一週間、ほぼ毎日雨だと思ったら、今週はころっと寝返って青空がきれいで、今日はなんと25度にもなり、明日はなんと27度になるらしい。

 

 

 

 

そんな夏日になると、みんな注目しだすのがドリンク。

ここ数年、ロンドンでも地ビールなる物が楽しめるようになった。グリニッジにも、結構有名な ローカルのブリューワリーがあって、友だちと、テイスティングツアーにでかけて、すっかり酔っぱらっちゃったこともあったりする。

 

 

最近は、スーパーマーケットにも、いたるところの地ビールが並び、それぞれハンサムなデザインをほどこされて、ちょっとしたウイークエンドのディナーなんかで話のネタになってしまったりする。(実は私はこの地ビールなるものよりも、日本のおじさんたちが「じゃ、まずビールからね」って飲むタイプの方がすきだ)

 

 

そして最近ローカルブリューワリー戦争は、ジュースにまで及んできている。

 

 

このあいだご近所のスーパーマーケットに行ったら、知らないうちに可愛らしいボトルがジュースコーナーに林立していたのでびっくり。ボトルのデザインもけっこうおしゃれで、冷蔵庫の中に並んでいてもかわいいかも、と冷蔵庫の中は見た目重視がちになる私は数本をカートの中に入れた。

 

ひとつ2ポンド前後で、ボトルのデザインもジュースの味も楽しめるのだし、最近ご近所さんたちが力を入れている地産地消にも貢献できるし、話のネタにもなるので、一石四鳥ではないか!といったところ。

 

 

味の方も、ちょっと風変わりでおもしろい。ルバーブとカルダモンの組み合わせ(右)がけっこう気に入ってしまった。

 

 

これはここ数年お気に入りのジンジャーエール。

 

ということで、今年の夏は「地ビール」好きなふりはやめにして「地ジュース」にはまってみようと思う、そんな今日この頃。

 

 

 

 

yukari sweeney

http://www.ysdlondon.com/

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!