検索

出会いを求めて!? 春の到来を心から祝うイースター【いろどりのチェコ vol.7】

【いろどりのチェコ vol.7】春の始めの大事な行事「イースター」。今回は、ちょっと変わったチェコのイースターをご紹介。

 

長い冬がようやく終わる。
 “長い冬” と言うと単なる枕詞のようだが、チェコでは一年の半分近くが冬なので、それはもう本当に本当に長かったのだ。


その分、春を迎える喜びは計り知れない。

 

春のはじめの節目となる行事がイースター。

日本でも最近は今の時期にカラフルなイースターエッグやウサギのアイテムをよく見かけるようになった気がするが、実際に祝う人は少ないと思うので、イースターの由来と時期を簡単に説明したい。

イースターとは、イエス・キリストが、十字架に掛けられて亡くなった3日後に復活したことに由来する復活祭で、キリスト教文化が濃い国では、一年の中でクリスマスに並んで大きな行事である。

 

日程は、「春分の後に訪れる最初の満月の次の日曜日」・・・と言われてもピンと来ないのだが、毎年日付が違い、3月後半の年もあれば、4月半ばの年もある。実際、昨年は4月16日だったのに、今年は半月も早い4月1日だ。この時期に半月違うと気温も周りの景色も随分違うので妙な感じだが、そういうものらしい。

 

日本人としては、新しいシーズンの始まりというイメージが強い4月1日は、春の訪れを祝う日としてはぴったりな気がして、今年の「4月1日 イースター」を気に入っている(ヨーロッパでは新学期が9月開始のため、4月1日が区切りの日というイメージは全くない)。

 

卵がイースターの象徴なのは、生命の始まりを意味するため。鳥の巣のイメージで飾り付け。


イースター時期は、卵・ウサギ・ヒツジにちなんだお菓子や雑貨が売られるようになる。

 


イースターにすることは国によって違うが、特にチェコのイースターは変わっていると言われる。
何をするかというと、


「男性が女性のお尻を鞭で叩く」


・・・?!


イースターの翌日の月曜日は「イースターマンデー」と呼ばれる祝日で、その日に男性が柳の枝にリボンをあしらった「ポムラースカ」と呼ばれる鞭を持って女性の家を訪ね、女性のお尻を鞭で叩くのだ。叩かれた女性は男性にお菓子を渡し、鞭にリボンを足してあげる。

 

叩かれてるのにお菓子やリボンをあげるとは何事か!という感じなのだが、イースターマンデーに男性に叩いてもらうと子宝に恵まれるという迷信があるらしい。だから、お礼を渡す。

 

あと、まぁ、男性が女性を訪ねる口実になり、男女の出会いのきっかけ作りという説も。大いに納得。

 

イースターマンデーは、街から女性の姿が消え(みんな家で待機しているため)、道を行くのは手に鞭を持った男ばかり。子どもからおじいちゃんまでリボンをはためかせた鞭を持って。




手に持っている棒らしきものが鞭。貰ったお菓子を入れるためのカゴを持っている男の子も。

 

この記事が掲載される頃、日本では桜の開花が始まっているだろう。チェコもイースターが終わるとようやく花々がほころびはじめるはずだ。

 

長く暗い冬を耐えたあとに景色に色が戻ってくるのが何よりも嬉しい。チェコに来るまで馴染みの薄かったイースターだが、今はイースターが人々に心待ちにされる理由が体感として分かった気がする。私も春の訪れを盛大に祝いたいと思う。

 

文・写真:Noriko Naniwa

ブログ:http://www.howtobeczech.com

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!