検索

北欧の冬と、春の炎【森と湖とストックホルム vol.1】

長い長い北欧の冬が、今年もようやく終わりに向かおうとしています。

 

スウェーデン、2月の終わり。気温としては一年で一番寒い季節。

本日は気温がマイナス14度まで下がり、窓の外ではさらさらと粉雪が舞っています。
寒さが厳しい時期ですが、同時に2月は日照時間が少しずつ長くなる頃。
真っ白な雪が光を反射し、少しずつ、暗い冬からの脱脚を感じています。


北欧の冬は、寒く、暗く、長く、厳しいものですが、室内はセントラルヒーティング

で常に20°C前後に設定されていることが多く、シャツ1枚でも過ごせます。
窓辺で温かいコーヒーを飲みながら、粉雪が舞う様子をぼんやり眺めていると、

北欧の冬も悪くないかな、と思えてきます。

 

▲バルコニーから見える裏の森の様子。


それでもやっぱり春は待ち遠しいもの。

スウェーデンでは4月の終わりに、Valborgsmässoafton(ヴァルボリーズメッソアフトン)という春を迎えるイベントがあります。地域ごとに、木々を集めMajbrasa(マイブローサ)という大きな火を焚いて、春の訪れを祝います。

 

 

▲昨年のヴァルボリーの様子。


 

4月の終わりはまだ少し寒いのですが、力強く燃え上がる炎は、寒く暗い冬を勢いよく吹く飛ばすようで、その炎を見ていると「ようやく長い冬が終わるのだなぁ」と、なんとも言えない、しみじみとした気持ちになります。
ただこの炎、点火の際に少し注意が必要。しばらくの間、この炎のために一箇所に木々を溜めておくのですが、その中は温かいため、野生ハリネズミが入り込むことがあるのだそう。

 

 

▲散歩中に出会った野生ハリネズミ。


 

うっかり可愛いハリネズミに危害を加えることがないよう、点火前に柴を揺すったり持ち上げたりする必要があるのだそうです。森と共生しながら春を迎えるスウェーデンのイベント。

この冬の雪景色を楽しみつつも、今から心待ちにしています。

 

 

 


 

次回は、同じく春を感じるイベント、Påsk(イースター)について書きたいと思います。

 

 

Share
はてなブックマーク

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!