検索 はてなブックマーク

Spring has come in Portland.

3.26. 2017

 

雨の街ポートランドにもようやく暖かい日々がやってきました。あちこちに桜も咲き、急に街全体が春色になったような気がします。まだ雨も降りますが、雨の合間の晴れている時間が長くなってきているのは確かです。さすがに地元の人たちも太陽の光を浴びたくててウズウズしていたのでしょう。少しでも晴れるとアパートにあるプールに何人か飛び込んでいるのを見るくらいです。いくら太陽が恋しかったからとはいえ、10°Cの気温ではさすがにプールに飛び込めない私ですが、やはり冬でもTシャツ短パンでいられるアメリカ人はさすがですね。20°C超えたら私も入ってみようかな。。。

 


 

プールに入りたいとはまだ思いませんが、最近飲みたくなるのがアイスコーヒー。昔はアメリカにはアイスコーヒーがなかったと記憶していますが、いつ頃からこんなにどこもアイスコーヒーを置くようになったのか。。。90年代にシカゴにいるころは、コー ヒーは薄くホットのみ。ラテなんてものは存在せず、アイスコーヒーも見たことがありませんでした。そんなころでもポートランドではコーヒーは盛んだったのでしょうか。。。

 

さて、ポートランドに来てから私にとって目新しかったものは、町のいろいろなところにある小さなコーヒースタンドです。モールの駐車場にちょこっと建っていたり、何もないところにさりげなく建っています。座席などはなく、ドライブスルーを主に、通常のコーヒーからフラペチーノのようなアイスドリンクまで揃えています。 ちょっとおしゃれなカフェより品揃えがよかったりするので驚きます。土地が小さい分家賃も少ないのでしょうか、価格も手頃で嬉しい発見でした。

 

 


 

また最近では日没の時間も少しずつ遅くなってきました。今では夜7時半ごろまで明るいくらいです。

しかしポートランドに来て、何に驚いたかというと、みんな本当に帰宅が早いのです。

 

ニューヨークでは平日でも深夜までたくさんの人々が電車に乗っていましたが、ポートランドは帰宅ラッシュアワーは午後4時頃。そして午後8時を越えると、電車はほとんどガラガラです。朝5時ごろから暗闇の森の中を頭にライトを点けて走っていたり、ジムで体を鍛えている人を見るくらいですから、みなさん健康的に早寝早起きなのはわかりますが、ここまで差があるとは。。。

 

レストランもニューヨークでは6時ごろから1回転目が始まり、一晩で3回転くらいは普通。大抵のレストランは深夜1−2時までスタッフは帰れないのが普通でしたが、ポートランドでは1回転、よくて2回転で終わってしまうことが多いようです。家賃の高騰が目立つポートランド、なかなか飲食業は大変です。

 

しかし、そんななかでも多くのレストランやバーが力を入れているのがハッピーアワー。大抵平日は毎日午後3−4時ごろから6−7時ごろまで、飲み物やスナックが格安なことが多々あります。ただでさえ、ポートランドではビールが非常に安いのですが、(ニューヨークの半額程度)ハッピーアワーはさらに1−2ドル 安くなります。

 

先日久々に仕事帰りにお気に入りのお店に寄りました。River Pig Saloon (http://www.riverpigsaloon.com )去年、錦織選手の全米オープンの試合を見られる所を探していて見つけたのですが、多くのスポーツバーと違い、テレビの数も少なく、落ち着いて過ごすことも可能なので気に入っています。この日はサラダ($3)、 カーリーフライ($2)、ワイン($4)をオーダー。消費税のないポートランドですので、チップを入れても$11。。。すこーしだけという時に、ぴったりです。

 


 

他にもたくさんのブリュワリーなどあちこちにありますから、ハッピーアワーの時間めがけて遊びに行ってみてはいかがでしょうか。まだそんな時間に酔っ払いもいませんから、女の子だけでも安心ですよ。家に帰ってもまだ夕日が見えるころ。気持ちの良い季節がやってきました。

 


 

しかし、いくら早くに家に帰っても、深夜に問題発生ということもあります。

 

先日、深夜1時にうちの煙探知機がなり、半分寝ぼけた状態で家中を確認しましたが、異常はありません。そのうち、違う探知機まで「二酸化炭素を探知しました。火事です、火事です」と言いだしたので、これはおかしいと思い念のため消防署に連絡を入れました。

 

状況を説明しましたが、何かあっては困るので確認に来てくれるとのこと。5分もしないうちに、消防車がうちの前に止まり、たくましい消防士さんが5人も勢ぞろい。順々にチェックを行い、異常がないことが確認されました。原因は煙探知機の一つの電池が切れかけていたとのこと。すべてのシステムが連動しているので、一つに異常があると他も作動するようです。消防士の方々は始終笑顔でハシゴまで使いすべての電池を交換、壁が汚れないようにとハシゴにタオルを掛けるほどの心遣い。深夜過ぎに起きなくてはならなかった私たちを励ましながら、これでも何か問題があればまた連絡を入れるよう にと言い残して帰って行きました。

 

何かあったときに、こういう対応をしてもらえると心強いなぁと、ポートランドに引っ越してきてよかったと思った瞬間でした。何も問題がないことが一番ですが、何か起きたときにどう対応していいのか、どう言ったヘルプ が受けられるのか知っておくことは大切ですね。

 

もしこのブログを読んで煙探知機の電池を替えた記憶がない方がいらっしゃいましたら、ぜひ夜中に起こされる前に確認してみることをお勧めします。一人の消防士さん、こういうことはなぜだか日中には起こらず、みんなが寝静まった夜中に起こるから困っちゃうよねと笑っていました。

 

しかし何もなくて本当によかった。。。と安心していると、不運というのは続くものですね。

先日アップルから私のiCloudに登録外のiPhoneからのログインがあったとメールが来ました。いつも来る確認メールでしたので、疑いなくログインしたところ。。。偽メー ル。。。

 

ログインしてしまったためにパスワードが漏れ、その後1日かけてすべてのパスワード変更作業に追われました。その後もなにかとトラブルが続き、数日後に小旅行を予定していたため、この不運続きではフライトがキャンセルになったりするかもね~ と笑っていたのです。

 

 

さて、みなさん、アメリカで1番の空港に何年も連続で表彰されている空港をご存知でしょうか?

 

はい、ご察しの通り、ポートランド国際空港です。

決して大きな空港ではありませんが、何においても非常に優れていると私は思います。まず何より待ち時間がほぼありません。ニューヨークのJFK空港に慣れていた私は、とにかくいつも延々待たされました。どのターミナルでも、待つ待つ待つ。。。みんなが待たされるので、みんながイライラし雰囲気も悪くなります。

 

しかしポートランドの空港で待つことはほとんどありません。長い列と言っても10分も待たない程度です。少しでもラインが長くなると、もう片方の空いているセキュリティゲートの案内が始まり、また新たなレーンが開くというシステムが徹底しています。空港で販売されているものもポートランド産のものばかり、そして空港外と販売価格に差もありません。みんなが笑顔で居られる空港がPDXです。

 


 

今回の旅行も例外ではありませんでした。待ち時間は全くなく、小旅行だったため、キオスクでチェックインを済ませ、ブルースターのドーナツを買い、セキュリティもものの3分で通過。スタンプタウンのコーヒーを買って、さあゲートへと思ったところで、 ゲートナンバーがチケットに載ってないことに気づきます。

 

おかしいなと思って再確認したところ、AM9:35と思っていたフライトの時間がPM9:35と書いてあるではありませ んか。フライトナンバーを掲示板で確認してみるとサンフランシスコ行きは本当に若干ですが違う番号。。。あまりにスムーズすぎて、セキュリティーを通った後ですら気づかなかったという私。。。

 

青ざめた頭をフルに使うべく、コーヒーをすすり、とにかくサンフランシスコ行きのゲートへ。事情を説明し、朝の便に変更できないか確認しまし た。残念ながら春休みの時期と重なっていたため満席とのこと。いくらアメリカ1の空港でも12時間も過ごすのはちょっと。。。

 

一度家に帰ろうかなぁと思いながらとりあえずキャンセル待ちをすることに。数日前に、フライトがキャンセルになるかもって笑っていた自分を思い出しながら、妙に落ち着いている自分に気づくのでした。

 

搭乗が始まりしばらく経った頃に名前が呼ばれます。スタッフの笑顔で全てを察知!!みんなにハグをしたい勢いで両手を挙げてカウンターに向かったところ、非常口の席ですから、非常時のヘルプが可能であれば席があるとのこと。。。もちろんなんでもしますよ!!と新しいチケットを受け取ります。

 

周りの人みんなになんてラッキーなんだと言われながらの搭乗。今までの不運を使い切ったようで、不幸続きから一転、なんとも幸せいっぱい、にやけが止まらない旅の始まりとなりました。そのにやけのせいで、目が あった人みんなにこのにやけの原因を説明しなけらばいけなかったのですが、それもみんなで喜んでくれるポートランドの人々。やはり好きだなぁ。

 

Ayumi Kato Blystone 

www.instagram.com/ayumikat

Share
はてなブックマーク
Follow us!
Follow us!