検索 はてなブックマーク

『chausser letter』靴ブランド、ショセのお便りです。vol.7

 

こんにちは。

前回の続きになります。

 

ここから底付けに入りますがその前にアッパーと底材の接着を良くし、剥がれが起きないよう底材の接着面にあたる部分をバフ機で削り革の表面を気毛します。

 


 

釣り込まれたアッパーと底材のそれぞれ接着面にのりを塗り乾かします。

 


 

底付直前に機械で暖めから底材を手作業で貼り、圧着機にかけ剥がれないようしっかりと接着します。

 


 

他の工場ではあまり見かけないのですが、通常の圧着機は上から一方向へ圧をかけます。こちらは機械の中で靴全体を覆うので靴のサイド部分も圧着できる機械です。トラベルシューズの底材はコバの部分が微妙に立ち上がっているので、この機械だとよりしっかりと圧着することができます。

 


 

底付けできた後は仕上げに入ります。シワなどは熱風やコテを使って綺麗に整えます。

 


 

その後、色や革によりますが磨きの工程になります。

最後に中敷を貼り、靴紐を通し検品をして完成です。

 


 

ある程度大まかな工程の紹介でしたが、この他にも細かな作業が多くあり改めて靴作りは大変だなと感じます。

 

トラベルシューズ以外に「プリュス バイ ショセ」というラインも生産して頂いているのですが、こちらはさらに多くの工程と技術が必要な靴です。

 


 

ボロネーゼ製法や袋縫いのマッケイ製法など、高級靴の生産を昔から続けているコンパニオン製靴さんの技術を最大限に生かせる物作りを今後も心がけて行きたいと思います。

 

初回から見て頂いている方にはレディースとメンズの工場さんの違いが伝わったかと思うのですがいかがでしょうか?

 

http://chausser.net

Share
はてなブックマーク

関連記事

Follow us!
Follow us!