検索

アートディレクターしぇるのひとりごと – 15「新ブランドをつくる – プロジェクトができるまで」

来年の春、新しくシャンプーのブランドを立ち上げるべく七転八倒しています。

本職は、化粧品メーカーの

アートディレクションなので、

プロダクトや広告、販促ディスプレイなど

デザイン部分をみるのが

わたしの日々のミッションです。

 

製品企画や、店舗営業、管理など、

社内外たくさんのメンバーと共に

ブランドを育てています。

 

しかし。

ついに、手を出してしまいました。

企画も、営業も、販売も。

ブランド立ち上げに関わる、あらゆることに。

 

慣れない中、予算を引いて

事業計画書をつくったりもしています。

 

今まで全部の資料をイラレでつくっていたわたし。

最初は、イラレで予算計画の表をつくっていたのですが、

さすがに数値の入力に手をこまねいて、エクセルに。

 

なんせ、エクセルで計画書なんてつくったこともないので

どうしてもフォントや色合いなどの見栄えを重視してしまい

時間がかかるかかる。笑

 

その他にも、

納品のダンボールサイズの確認とか、

いろんなところとの契約書とか、

ほんとうに細かい部分もいろいろあって

いつもは多くの力でなりたってるんだなぁと

改めて実感もしています。

 

 

 

今回、新しく立ち上げようとしているのは

シャンプーのブランド。

 

シャンプーは、わたしたちの会社では

いままで発売したことのないカテゴリなのです。

 

販売方法なども考えながらのチャレンジなので

スタートアップ的な立ち位置として

まずはわたしが、がんばる!

といったところです。

 

とはいえ、もちろん

一人ではブランドは完成しないので、

周りの人たちにたくさん協力してもらいながら。

 

関わったみんなが満足できるような

そして、使ったみんなが満足できるような

そんなブランドにするべく

七転八倒の毎日です。

 

 

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

COLUMN

Follow us!
Follow us!