検索

「いよいよバカンスシーズンですね!南フランス2」【このごろ夢中になったり想ったり 16】

南フランスでのバカンス。無事に東京までたどりつけるのでしょうか?

 

さていよいよサントロペの街に入りウキウキ、ソワソワ。これまでの苦労も忘れて車を駐車して散策の始まりです。

 

もの凄い暑さですが、カラッとして今年の東京の夏の様な湿気はありません!

取りあえず遅いランチをと海辺のレストランに落ち着き、冷えた白ワインなどをゴクゴクです!!

 

 

 

その後、買い物をしたり港の方を歩いたり。

映画「ミッドナイト・イン・パリ」の様にタイムスリップして1950年代のブリジット・バルドー達に逢えるかなと思いましたがいつまで経っても現実のサントロペの街でした、、、。

 

シャネルの邸宅のようなお店にも寄ってみましたがとても素敵でした。スタッフの着ているCCマークがさりげなくプリントしてあるブルーの細いボーダーTシャツも皆さんお似合いでしたよ!

 

シャネルがクルーズコレクションを行った場所にあるカフェLe Senequie にも一応よってワインを飲んだりしてのんびり。

 

 

気がついたらもう夕方です、、、。エクサンプロヴァンスに戻らなくては!

マニュアル車のシフトを上げ下げして運転巧みな友人のおかげで帰りは渋滞もなくあっという間でした。

(ヨーロッパの人はマニュアルでなければ車で無いくらいの考えです)

 

さて何日かのんびり過ごしてついに帰国の時が来てしまいました。

今度は飛行機ではなくTGV(新幹線)でパリのシャルル・ド・ゴール空港まで行って東京行きの飛行機に乗る予定にしました。

日本の新幹線の駅の様に乗車位置のきめ細かい案内は無く、

大分手前のところから乗り込んでしまい指定の席まで結構あります、、、。

大きなスーツケースが何個もあるので移動がそれは大変です。

見かねてフランス人のおばさんが手伝ってくれましたが「この人危ない人ではないかな!?」

などと一瞬パリでの経験から疑ってみたりしましたが大変申し訳ありませんでした、、、。スミマセン、、、本当に!「大丈夫!?気を付けてね!」くらいの事さえ言ってくれて席のある車両まで一緒に行ってくれました!!

 メルシー!!

 

のんびりウトウトして車窓の眺めを楽しんでいるとそろそろパリの様です。

まわりの乗客も降りる準備を始めています。

そうか次の駅か!と深く確認もせず停車と同時に一緒に荷物を持って降りました。

!?何だか小さい駅だな、と思い係員に聞くとシャルル・ド・ゴール空港駅は次だそうです、、、。

乗ってた電車はすでに出発してしまっています。次の電車は1時間くらい後だそうです。

 

一駅だからタクシーで行くか!と外に出てタクシーに乗って怪訝な顔をするドライバーに目的地を告げて出発

。ところが結構な距離があり1時間以上も掛かってしまいました。

 

そりゃそうですよね、、、。新幹線の一駅だからそれなりに遠いのは当たり前でした。

 

駅員もタクシーで行くと言ったらそういえば驚いた顔をしていたな〜〜!細かい確認をしない性格が出た失敗でした。

 

皆さんは気を付けてくださいね!!

それでも南仏を早めに出たのでフライトの時間には十分間に合いました。

 

何だか最後は慌ただしい移動になりましたが、さあ東京に戻って仕事モードに気持ちを切り替えなければ!!

 

 

「Au revoir !! À bientôt ! 又来るね!!」

 

Bilitis dix-sept ans

Share
はてなブックマーク

COLUMN

関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!