検索 はてなブックマーク

Bilitis dix-sept ans-このごろ夢中になったり想ったり(6)「ネコ 1」

Bilitis dix-sept ans-このごろ夢中になったり想ったり(6)

ビリティスDirector 星 丈二

 

「ネコ 1」

 


 

ネコは可愛いですね!(イヌも好きですよ、犬君!)なぜか猫は女性、犬は男性という感じがしてしまいます…。

 

以前なんとなくネコを飼ってもいいかなと思っているとき、たまたま東急ハンズに行ったら500円で里親募集のコーナーがあって「ん~~どうしようかな!?」と一瞬考えたのだけど、気がついたら小さな黒猫を抱いて家に帰っていました。まだ2、3ヶ月の小さな猫で手と足先が白。全身はツヤツヤした真っ黒の可愛いネコでした(雄)。小さな鈴を付けていたので「鈴の助」という凜々しい名前を付けてあげました。

 


 

でもこれが結構暗めの性格で、どんな経緯で東急ハンズに居たのかわかりませんが多分その辺が大いに影響しているのかなと思います。辛かったんですね、きっと。

 

あまりじゃれたりもせず人懐っこい性格ではなかったので少しつまらなかったのですが、夜ソファーに座って本を読んでいたりする時、気がつくとそっと膝の上に恥ずかしそうに乗ってきて甘えてくれました!思わず愛おしくなったものです。(いつでも甘えていいんだよ!鈴の助!)

 


 

ところがある時、近所で火事騒ぎがあってドアを開けていたら「何だ何だ!?」と出て行ったまま戻ってきませんでした。探し猫のコメントを張り紙したり、地域の情報紙に掲載してもらったり、保健所に聞いたりしたのですが結局彼は戻ってはきませんでした…。

 


 

外には出さない家猫だったので帰り道もわからなかったのだと思います。世渡り上手ではないタイプだったので他の家にスリスリ懐いて入り込むとかの芸当はできなかったのではないかと思って今でも思い出すと不憫でなりません…(涙)

 

辛い一生だったのかな?それとも誰かやさしい人に飼われて意外と楽しく生きていったのかな?そうだったら良いのですが…。

 


 

その後ネコとは無縁で何年か過ごしていたのですが、ある日まったく違うタイプの甘え上手なネコがビリティスのアトリエにやってくるのです!魔性のネコです(雌)!その話は次回に!

 

「ミャーミャー!」

 

 

Share
はてなブックマーク

関連記事

Follow us!
Follow us!