ONKUL編集部がこっそり薦めるマニアな店 8選 【ファッション&フード編】

10坪以内の小さなお店

小さなお店には、必ずと言っていいほど店主のマニアックな趣味が詰まっている。偏愛主義のわたしたちは、そんなお店に好奇心をくすぐられる。店主のこだわりがぎっしり詰まった“マニアック”でいて、どこか愛らしい小さなショップをご紹介します。

 

TOPICS

①古着やファッション雑貨のお店

②フードやデザートのお店

 

①古着やファッション雑貨のお店

小さな服屋には選ばれしものが並んでいることが多い。たくさんの服の中からお気に入りを見つけるのもいいけれど、少数のなかから「どれも素敵で迷っちゃう!」そんな感覚に浸れるのも小さなお店の特権です。

 

止まらないスキー愛! 服もアクセも全部スキー。

アパレルショップ「SKISHOPBOGEN」

ニット¥37,000、Tシャツ¥5,800、パンツ60,000/以上BOGEN、ブーツ¥30,000/BOGEN×SUICOKE(以上すべてボーゲン:03-6303-2623)

スキーショップと言っても、板やブーツを売っているスポーツ用品店ではない。スキーを愛する店主がつくるアパレルショップ。店主の小川さんは、スキーシーズンには毎週スキーに行くほどのスキーマニア。売っている服はスキーウエアとしても使用可能で、街中で着てもかわいいデザインばかり。防寒や撥水性など機能面も抜群だから、「BOGENの服を一度着ると冬は手放せなくなってしまう」と小川さんは言う。アイテムのイラストや刺繍にはスキーを楽しむ人々や、ゴーグルで日焼けしたおじさんの顔など、すべてのアイテムがスキーに関連している。妻がデザインする〈BLANCA〉というジュエリーブランドも取り扱っていて、小川さんの依頼でつくったスキーブーツのネックレスはとてもキュート。そんな遊び心が詰まった小さな店内にいると、自然とスキーに興味が湧いてくる。商品以外にも趣味で集めているフィギアやリフト券、本などコレクションを見ているだけでもう楽しい。

 

SKISHOPBOGEN [スキーショップボーゲン]

add:東京都目黒区五本木2丁目42-4

tel:03-6303-2623

open:木-金 15:00〜19:00、土-日 12:00〜19:00、月火水休

https://bogen.jp/

 

人気の西原エリアに並ぶ 少数精鋭派の古着屋「PALETOWN」

派手すぎないベーシックなラインナップに定評あり。買い付けはアメリカで年に4〜5回。メンズもあるので、メンズ服好きの女性にもおすすめ。2着数が少ない分商品の回転が速く、選びやすいのが嬉しい。

PALETOWN [ペールタウン]

add:東京都渋谷区21西原2-21-10

tel:03-6884-8690

open:平日13:00〜21:00、土日祝12:00〜19:00、不定休

paletown

 

店主の好きを詰め込んだ アメリカンショップ「SUNDAYS BEST」

店主がつくるオリジナルアイテムや古着、アメリカで買い付けた日用雑貨が一同に揃う。「どうやって遊ぶの?」と思わず考えちゃうおもちゃなんかも。見ているだけでワクワクする店内で、掘り出し物を見つけるのがこのお店の醍醐味。

SUNDAYS BEST[サンデイズベスト]
add:東京都目黒区中目黒3-5-30
tel:03-5734-1900
open:12:00〜20:00、不定休

http://www.thesundaysbest.com/

 

アンティークから 90 年代まで上質なレディースウエアが豊富な「KIARIS vintage&closet」

ベージュやブラウン、カーキなどアースカラーのアイテムがずらりと並び、ハイブランドとも合わせやすい、レディライクな古着が揃う。フォーマルな場で、誰かと被らないアイテムを着たいならここで探すべし!

KIARIS vintage&closet [キアリス ヴィンテージ]

add:東京都目黒区駒場 4-1-19

tel:03-6313-6245

open:14:00 〜 21:00、火日休

kiaris_vintage

 

 

 

②フードやデザートのお店

安心できるご飯屋の条件は、つくっている人の顔が見えることだったりする。やさしい人が焼くパンはやさしく、楽しい人がつくる餃子は楽しいように人柄が料理に直結することもある。あのお店の料理人はどんな人だろう?

 

焼きたてのパンの香りに誘われて、ふらっと寄り道

パン屋「BEAVERBRED」

ニット¥22,000/ShetlandWoollenCo.、シャツ¥26,000/Yarmo、シューズ¥43,000/Sanders(以上すべてグラストンベリーショールーム:03-6231-0213)、パンツ¥33,000/CellarDoor(ビショップ:03-5775-3266)

 

東日本橋にある小さなパン屋、ビーバーブレッド。四方は高層マンションに囲まれ、その一角だけパンの焼き上がる香りに満たされている。通りすがる人はその香りと、ショーウィンドウに並ぶパンに引き寄せられていく。外のベンチには購入したパンを食べる人の姿も。一度に店内に入れるのは6人まで。一歩足を踏み入れると、お店の小ささを一層実感する。これはパンが美味しく見えるライティングにこだわり、天井をあえて低めに設計しているため。「ビーバーが巣に潜るみたいでいいでしょ」とシェフの割田さんは笑う。おすすめのパンは「ミルクフランス」や「クリームパン」、定番の「クロワッサン」。「台風焼きそば」というおもしろネーミングの惣菜パンも。オープンわずか2年で、ご近所さんに愛される町のパン屋さんとなった理由は、味だけでなく割田さんの親しみやすさにもありそう。オープン直後や夕方は混みやすいので、10時半と14時が狙い目らしい。

 

BEAVERBRED [ビーバーブレッド]

add.東京都中央区東日本橋3丁目4-3

tel.03-6661-7145

open.8:00〜19:00、土日祝8:00〜18:00、月火休

beaver.bread

 

住宅街にぽつんと一軒 知る人ぞ知るパン屋「関口ベーカリー」

ツタが生い茂る外観に好奇心をくすぐられ入店すると、焼きたてのパンのいい香り。15時半頃までに異なる種類のパンが徐々に焼き上がる。手作り感たっぷりのかわいいサイズと、やさしい味になぜか懐かしい気分になる。

関口ベーカリー

add:東京都目黒区上目黒 5-1-1

open:8:00 〜 18:00、月火休

http://www.sekiguchibakery.com/

 

 

“日々の食事を支えたい”北参道の小さな定食屋「お食事処 asatte」

コンビニ飯に頼りがちな忙しい人の日々の支えになるようなバランスのいい日替わり定食がウリ。「ここに来れば美味しいものが食べられる」という家庭のような安心感を提供してくれる。遅い時間まで営業しているのも嬉しい。

お食事処 asatte
add:東京都渋谷区千駄ケ谷 3-2-8
tel:03-6434-9451
open:11:30 〜 15:00、18:00 〜 23:00、日祝休
asatte._.menu

健康志向の女性が支持 アジアンフードカフェ「明天好好」

台湾スイーツの豆花や、お粥を日本人好みにアレンジして提供。健康にもいいと話題沸騰中。ランチ時にはOLや、ヴィーガンレストランとして利用する外国のお客で賑わう。漢字を使用したキャッチーなデザインも新鮮!

明天好好 [ミンテンハオハオ]

add:東京都目黒区青葉台 2-20-7

tel:03-6452-3102
open:11:00 〜 23:00

mingtenghaohao

 

 

 

 

ONKUL vol.12   『10坪以内の小さなお店』 より

photograph : Masahiro Arimoto , Roaster

styling : Kaho Yamaguchi

hair&make-up : Aoi Nagasawa

model : Kaoru Uyama

edit : Sara Fujioka, Haruyo Sugie [Roaster]