今年推しのセーターと着こなし術 7選!!【ONKUL的セータースタイル】

ONKUL的セータースタイル

年齢を重ねるにつれて、なぜか違和感を感じ始めるファッションコーディネート。冬のニットは可愛いけれど 1・2コーデしか思いつかない、体型が変わって素敵に着こなせない…と感じたりすることも。ですが、30代・40代と年齢を重ねてもオシャレを楽しみたいですよね。そこで今回は、ONKULが注目するニットアイテムと悩みを解消する着こなし術をど〜んとご紹介します。自分らしい着こなしを見つけて、この冬もおしゃれを満喫してください!

TOPICS

①スタンダードセーター

②テニスセーター

③グラフィックセーター

④ベスト

⑤カーディガン

⑥ノルディックセーター

 

①スタンダードセーター

セーター※men’s¥28,000/BATONER(バトナー)、パンツ¥27,000/macalastair(ブリティッシュメイド銀座店)、マフラー¥20,000/Oproject(プーオフィス)、ブーツ¥50,000/Sanders(グラストンベリーショールーム)

 

ワントーンで着る、 シンプルなセーター。

スタンダードなセーターは、あえてメンズサイズをゆったりと着こなすのもいい。てっぺんから足元まで、いろんなブラウンを散りばめて、見た目も体感もあたたかいコーディネートに。ワントーンだからほっこりしすぎず、程よくジェントル。

 

②テニスセーター

セーター※men’s¥35,000/unfil(アンフィル)、パーカ¥32,000/SCYEBASICS(マスターピースショールーム)、中に着たカットソー¥7,000/FABRIQUEENFRANCE、(ジャーナルスタンダードラックス表参道店)、パンツ¥33,000/Phlannèl(ブルーム&ブランチ青山)、ハット¥12,000/YAECAWRITE(ヤエカ)

 

+パーカの合わせワザ。

テニスセーターa.k.a.チルデンセーター。Vラインになにを合わせるかで、着こなしの印象は大きく変わる。首が締まりすぎないジップアップフーディーとタートルネックカットソーを重ねて、メンズライクに、スポーティーに。

 

③グラフィックセーター

セーター¥34,000/Letroyes(八木通商)、パンツ¥11,000/Upcycle(メイデン・カンパニー)、スヌード¥11,800/HIGHLAND2000(リフラティシップスルミネ横浜店)、ソックス¥1,700、グローブ¥4,500/FrenchBull(ともにレイニ)、その他スタイリスト私物

 

ゆる〜りゆるゆる、ニットを愛でる。

フランスのニット&カットソーブランド〈ルトロワ〉のタートルネックセーター。スウェットパンツを合わせてつくるコージースタイルも、ロゴがアクセントとなって愛嬌のあるスタイルに。ルーズだけどスタイリッシュ、このアンバランスさが心地いい。

 

セーター※men’s¥20,000、シャツ¥11,000、中に着たカットソー¥7,000、パンツ¥16,000、ソックス¥2,000/すべてBrooksBrothersRedFleece(ブルックスブラザーズジャパン)、シューズ¥62,000/JOSEPHCHEANEY(ブリティッシュメイド銀座店)

 

大人のユニークを取り入れる。

〈ブルックスブラザーズ〉のクラシックスタイルをカジュアルにアップデートした、〈レッドフリース〉のドッグセーター。ボクサー犬が編み込まれたセーターに、チェックやストライプではかわいすぎる。あえてシャツとスラックスを選んで、紳士的に嗜むのが気分なのです。

 

④ベスト 

ベスト¥32,000/Phlannèl(ブルーム&ブランチ青山)、シャツ¥45,000/TOUJOURS(トゥジュー代官山ストア)、オーバーオール¥27,000/journalstandardluxe、シューズ¥19,000/drogheriaCrivellini(ともにジャーナルスタンダードラックス表参道店)、帽子¥18,000/SCHA(ビショップ)、ソックス¥1,700/FrenchBull(レイニ)

 

インナーとして楽しむベスト。

ニットベストといえば、スカートやパンツと合わせる着こなしが定番だけど、オーバーオールのインナーとして取り入れるのもおもしろい。オーバーサイズのベストでつくるユニークなバランスは、おじさんっぽくもあり、新しくもある。

 

⑤カーディガン

カーディガン¥32,000/LEONIE(ジャーナルスタンダードラックス表参道店)、シャツ¥21,000/YAECA(ヤエカアパートメントストア)、中に着たカットソー¥29,000/HYKE(ボウルズ)、スカート¥34,000/Phlannèl、バッグ¥18,000/UTO×Phlannèl(ともにブルーム&ブランチ青山)

 

ボタン、ボタン、ボタン。

カーディガンのかわいさといえばボタン! そこにシャツのボタンを重ねましょう。さらにヘンリーネックのボタンも重ねましょう。ざっくりと編まれたカーディガンのゆるさと、シャツ&スカートのきちんとさ、ふたつのバランスが奏でるメンズライクな着こなし。

 

⑥ノルディックセーター

セーター※men’s¥88,000/unfil(アンフィル)、中に着たシャツ¥14,000/agnèsb.(アニエスベー)、パンツ¥22,000/KIJI(ブルーム&ブランチ青山)、キャスケット¥7,800/ORCIVAL(ビショップ)、シューズ¥58,000/Veritecoeur(エムティー・ルーツ)

 

真面目に着るから素敵。

クラシカルで懐かしい、ノルディック柄のジャカードセーター。上質な糸を使用した〈アンフィル〉のハンドニットは、まるで猫を抱きしめているような肌ざわり。着こなしはシャツとデニムパンツで組み立てたスタンダードスタイルで。シャツの襟をきちんと見せるところがポイント。

 

【お問い合わせ先】

アンフィル  tel:03-5775-3383
グラストンベリーショールーム tel:03-6231-0213
ジャーナルスタンダードラックス表参道店  tel:03-6418-0900
トゥジュー代官山ストア  tel:03-5939-8090
バトナー  tel:0237-86-5378
ビショップ  tel:03-5775-3266
プーオフィス  tel:03-6427-7081
ブリティッシュメイド銀座店  tel:03-6263-9955
ブルーム&ブランチ青山 tel:03-6892-2014
ブルックスブラザーズジャパン tel:0120-185-718
ボウルズ  tel:03-3719-1239
マスターピースショールーム  tel:03-5414-3531
メイデン・カンパニー  tel:03-5410-9777
リフラティシップスルミネ横浜店  tel:045-444-0186
レイニ  tel:06-6358-1231
ヤエカ  tel:03-6426-7107
ヤエカアパートメントストア tel:03-5708-5586
八木通商  tel:03-6809-2183

 

 

ONKUL vol.12   『毎日着たい、とっておきのセーター』 より

photograph : Atsuko Kitaura

styling : Mio Kiyomiya

hair & make-up : Takae Kamikawa[mod’s hair]

model : Kakazu

edit : Harumi Hino