【牡牛座】2020年2月16日~29日の運勢

総合運勢

立春が過ぎて、暦の上ではすっかり春。

ですが、まだまだ寒い日が続いている2月後半です。

そんな2月後半は、「運気の切り替わり」時期となります。

カレンダーでは1月が年の切り替わりですが、運気的には本格的に切り替わるのは立春だと言われています。

実際に、なんとなく流れが変わって来たことを実感する人が増え始めるのも、この時期が多いようです。

切り替わりの時期は、何かと物事が動き始めます。

動き方の特徴を掴み、その流れに乗っていくようにしましょう。

 

仕事では、転職や就活中の人にチャンスが多くなります。

かなり早い速度で動いていくことになりそうですので、あまりじっくり考えたり判断を迷ったりしている時間はなさそうですよ。

着実にチャンスを掴むために、自分だけでは判断に自信が持てない場合は、早めに信頼できる人に相談すると良いでしょう。

 

恋愛運は、じっくり落ち着いて考えることができる安定期です。

おつきあいや結婚について、少々時間をかけてもしっかり将来を見据えて考えてみましょう。

良い結論を出すためのポイントは、周りの意見や状況を気にし過ぎないことです。

自分にとって一番大切にしたいことが何なのか?考えてみると良いですね。

 

 

 

牡牛座:2020年2月16日~29日の運勢

頑張った成果はすぐそこに

 

これで良いのか確信が持てないまま、がむしゃらに頑張ってきたと思います。

2月後半は、頑張った人ほどその結果が出始めますよ。

良いポジションを勝ち取っていくことができるでしょう。

なんとなく背中を押させているような感覚で、サクサク物事を進めていくことができそうです。

 

仕事では、「無駄な労力は使わない」という働き方がこの時期のベスト。

のんびりしているように見られても、あなたのペースで進めましょう。

就活中の人は、そろそろ良いお話が届くでしょう。

 

恋愛では、日々仕事が忙しくても、恋愛について考える時間を持つようにしましょう。

出会いを求めている人は、自分では出会いを求めていたようでも、実際には色々な理由で行動が伴っていなかったことがご縁を遠ざけていた理由かも。

まずは自分の気持ちを「恋愛モード」にしてみることがポイントです。

 

片思い中の人は、ライバルがいたり障害があったりしても、着実にご縁は近づきつつあります。

正々堂々と直球勝負が、恋愛成就の近道です。

「当たって砕けろ」の精神で告白してみるくらいが、良い結果に繋がるでしょう。

 

おつきあい中の人は、周りからの意見を聞きすぎないことが良い未来への第一歩。

まずは二人の関係を強めるための努力が大切です。

遠距離恋愛中の人は、会える機会が増えるでしょう。

 

幸運の心がけ:計画や移動時間などは余裕を持って進めましょう

ラッキーアイテム:絵柄のあるクリアファイル、のど飴

 

「流光七奈先生の新書『裏ホロスコープ占星術』(1,512円 / 実業之日本社)発売中!
2019年~2021年の運勢、真実の相性占い、裏ホロスコープ誕生秘話など、
幸せを呼ぶヒントがたくさん詰まった一冊です」
Text : Aya Rikitake