チェコで出会うお茶。ハーブティーのある暮らし【いろどりのチェコ vol.15】

【いろどりのチェコ vol.15】人々の暮らしに欠かせない飲み物「ハーブティー」。さらに、変わった緑茶の飲み方とは?

「お茶」の定義は?!

日本で「お茶」「ティー」と言うと、茶葉で淹れるもの、日本茶か紅茶を思い浮かべる方が大半ではないだろうか。

 
チェコでは、茶葉を使わないいわゆる「ハーブティー」がお茶市場の主役だと言える。

スーパーマーケットのお茶コーナーでは、茶葉系と同じかそれ以上のスペースを占めている。コーヒーでさえも肩身が狭そうである。

 

お茶売り場は花や果物の絵柄が多いので必然的にカラフル

 

ハーブティーは、嗜好品としてだけでなく、自然治癒を助け体調を整える飲み物としても頼りにされており、

「風邪気味かも」
「ジンジャーティー飲んで暖かくしときなさい」

「あぁ食べ過ぎた」
「ペパーミントティーたっぷり飲んどきなさい」

「寝つきが悪くて」
「夜にカモミールティー飲めば良いよ」

多くの家庭でこんな会話がされているのは想像に難くない。

ハーブティーのストックから症状に合ったものを飲んでとりあえず様子を見てみる。軽い病気ならハーブティーで医者要らずである。

パッケージに具体的な効能が書かれている商品。

ハーブ畑。自宅の庭でハーブを育てている人も多い。

 

 
日本人の常識を覆す緑茶の頂き方

チェコでは緑茶も人気はあり、多くのカフェで注文出来るし、どのスーパーでも買える。しかし、日本のそれとはかなり様子が違うので初めて見るとショックを受けるかも。

 

ほとんどが何かしらのフレーバー付きなのだ。

緑茶+ピーチ、緑茶+パイナップル、緑茶+ブルーベリー、緑茶+アップル&シナモン、などなど。プレーンな緑茶を見つける方が難しい。
カフェで緑茶を注文すると、何も言わなければ大体はレモンと蜂蜜が添えて出される。

 
運ばれてきた煎茶その名も「SENPAI」。もちろんレモンと蜂蜜付き。

 

今まで見た緑茶で一番笑ったのが「緑茶+ストロベリーカップケーキフレーバー」。なんという斬新な組み合わせ!

しかも、驚くべきことにこれが意外と美味しい・・・。ストロベリーフレーバーの紅茶をイメージすると分かりやすいと思う。緑茶だということを忘れることがポイント。

気に入って何度かリピート買いしたのだが、しばらくすると店頭から消えてしまった。さすがのチェコ人にも妙な組み合わせだと受け入れられなかったのかも。

 

リプトンの意欲作?!「グリーンティー ストロベリーカップケーキ味」

 

緑茶と言っても、茶葉の違いなのか硬水であるせいなのか、日本のものより味も薫りも薄く主張が無いので、何とでも組み合わせ易いのだと思う。今では、プレーンな緑茶だけで飲むとやや物足りなく感じるようになってしまったほどだ。
 
 

風邪を引きやすい時期である。寒気を感じたら市販の風邪薬を買いに走る前にハーブティーを飲んで毛布に包まっていようと思う。

 

 

文・写真:Noriko Naniwa
Blog:http://www.howtobeczech.com/
Instagram:https://www.instagram.com/nrkn/