日々にときめくスパイスを。贈り物のコスメから教えてもらったこと。【今日のつぶやき Vol.7】

ファッション系の編集/ライターという職業柄、コスメには人一倍詳しくありたいとは思うものの、どうも昔からコスメ関連のことには疎いままです。

いえ、情報は入ってくるんですが、コスメを新しく買う勇気がない。と言った方が正解なのかも。

雑貨やアクセサリーには躊躇なく課金してしまうのですが。

 

コスメと言ってもたとえば百貨店で買った口紅なんて、5000円は下らないものがほとんど。ばかにできる金額じゃありません。

カウンターで試してみたときは 素敵!イケる!と思っても、帰宅してウキウキで付けてみたら あれ?この色似合ってる?この香り私にはキャラじゃない?なんかヘン?このコスメそもそも使う機会あった?…等々思ってしまったり。

 

そんなこんなですっかり新しいコスメから足が遠のき、気付けば数年浮気することなく同じものを使い続けるようになってしまいました。それも近所のドラッグストアで買えるプチプラばかり、、

 

そんな、コスメから楽しみを見出すことを諦めかけていた私ですが、

先日誕生日を迎え、有り難いことにいろいろなプレゼントを頂きました。

当方アラサーど真ん中。同年代の友人たちからのプレゼントは、普段自分では買う機会のないキラキラとしたコスメばかり。そんなわけで毎年誕生日のシーズンになると、お気に入りコスメリストが更新されていきます。

 

まずはこちら、シャネルのボディクリーム「パリ ヴェニス」。2019年9月に発売されたばかりの最新作だそうです。

私の中でシャネルのコスメのイメージといえば、幼い頃母親のドレッサーに並んでいた、あの重厚なガラスの容器に入った「ザ・ラグジュアリ〜」で止まっていたのですが、こちらはお手軽なプラスチックボトルに加え、このスタイリッシュなデザイン。イメージががらっと変わりました。そもそも私のもとのイメージがやばいだけなんですが。

さてこちら、推したいポイントは本気の保湿力!こういった、ブランドもののボディクリームの保湿力には正直あまり期待していなかったのですが、ドラッグストアで買う実力派と遜色ない塗り心地、仕上がり!しっかりばっちり保湿してくれます。

何と言ってもずっと嗅いでいたくなるくらい良い香り…!朝塗って、夕方まで香りが持ちます。最近は出掛けるときの香水をお休みして、代わりにこれを塗っています。もったいないので、まず全身に無香料のボディクリームを塗ったあと、これを腕だけに少量塗って、細々と楽しんでいます(笑)。

 

お次はこれ、「ニールズヤード レメディーズ」のアロマバルス(塗るアロマ)。

香りはいろいろ種類があるようで、仕事の合間のリフレッシュに使ってね、と”リラクゼーション”をチョイスしてくれた友人。泣ける。

こーんな可愛い、小さなボックスにちょこんと納められているのもギフト感あってぐっとくる。案の定箱は捨てられません…。

PC作業で一息つきたいときに、手首に塗って深呼吸しています。アロマオイルなので香水ほど強く香らず、隣のデスクを気にしなくてよいのも◎です。

 

お次。「アディクション」の”ストールンキス エンハンサー”。所謂色付きリップです。

唇が荒れやすいうえ、色もどれを選べばよいか良く分からない…という理由で、この歳まで色付きリップで済ませている私ですが、今は各ブランドから色々出ているんですね、、!

色付きリップといえど、この端正なルックス。気分が上がります!

繰り出すと綺麗なベイビーピンク。ぐりぐりっとラフに塗るだけで、ポッと桜色に色づいてとてもかわいいんです…!

色付きリップはいかにも「塗りました!」な感じにならないので、化粧直しに席を立つことなくサッと塗り直せるのが良いですよね。これからも色付きリップなしの生活は考えられません…

 

そしてこちら「shiro」のヘアオイル。香りはサボン。

その名の通りせっけんの香りですが、ただのせっけんの香りではないんです!

せっけん系の香りはともすれば安っぽい印象になりがちな所があると思うのですが、そんな心配はゼロ。優しい香りの中にも深みがあるというか、ピュアな中にも色気があるというか。せっけんなのに”ちゃんとオトナ”。

街中でこの香りがする人が居たら、きっとハッと振りかえってしまう、そんな吸引力のある香り。

トリートメントオイルですが、少量でまとまりのあるニュアンスが出せるので、スタイリングにも使っています。一日中、髪の毛から良い香りが漂って最高です…

最近リブランディングしたことで話題になっているshiroですが、以前のこのガラスデザインの儚い感じもやっぱり好きだなあと思います。

 

 

自分では少し苦手意識のあったコスメ分野ですが、こうやって自分の中のお気に入りが増えていくのってやっぱり楽しい。お気に入りのものを使って身支度をすると、これまで日々”作業時間”だった時間が、ぐっと質の高いものになった気がします。

単純に贅沢をするという訳ではなく、自分の心を華やがせてくれる、ゆすぶってくれるものを日々の生活に取り入れていくことは、人生をもう一段楽しくさせることと等しいです。それは洋服でも音楽でも、食べ物でも同じですが。

日々にときめくスパイスを。そんなことを、コスメから教えてもらった気がします。

 

 

text:Shima Hirakawa