パリ・ノートルダムに祈る

ノートルダム大聖堂の火災を受けて。

はじめてパリを訪れたのは24歳くらいだった。

 

歴史の香り漂う街はわたしを惹きつけて止まず、
ついにそこに住む決意をさせてくれた。

 

パリの寒さに凍えながら訪れたノートルダムは大きくて圧倒的に美しくて。

そんなノートルダム大聖堂の大火災。
ショッキングな出来事だった。

火の粉を撒き散らすノートルダムを前に、
心をひとつにして祈り歌うパリの人々を日本のニュースを通してみた時、
同時に何か美しいものを感じた。

 

街に対する深い愛情。
歴史に対する尊敬。

 

そんなものが一瞬にして奪われたこの日、わたしも強く願う。
1日も早くあの圧倒的な美しさを取り戻してくれる事を。

ERI RISTORI