たまには一か八かでノンストレスなD.I.Y【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも 後編】

D.I.Yのスピリットを独自の切り口で教えてくれるコラムをどうぞ。独特な笑いを生み出す芸人、バッファロー吾郎の竹若さんによる〝何かものを作りたくなる” D.I.Y.コラムです。

「失敗してもいい」「完成することがゴールじゃない」がキーワード

子供達が作り出すものはとても良い参考書になります! 色々と教えてもらいましょう!

 

「たまには一か八か」というテーマでお送りしておりまして、一か八か後半はお送りしないという選択肢もあったのですが、肝っ玉がすこぶる小さい人間なので進めて参ります。

いつもと考え方をガラリと変えて「失敗してもいい」「完成することがゴールじゃない」というところで作業してみましょう!

となりますと使用する材料は「失敗してもいい材料」ということになりますので、普段のD.I.Y作業で出た捨てずに置いてある廃材という事になります。

もともと捨てるもので作るという事で遠慮もなくなって自由な発想で作れます。「作る」というよりは「いじる」感覚でトライしてみるのがいいでしょう!廃材を有効処理できるという意味でも素晴らしいですね!

 

成功も失敗もない、そして正解もないものを楽しく作る!

目標を設定せずに進めるのがイメージできないという方もいると思います。そんな方には「一か八か」にピッタリなこんな目標はどうでしょう!?

「たき火に投げ入れる何かしらのモノを作る」

よく分からないかもしれませんが、よくわからなくていいんです!「たき火にぶっ刺したらよく燃えそうな細長い剣状のもの」「燃えることによって魔法が発生する六面体」「炎龍手裏剣試作壱号」みたいなものを自由に想像していじりながら作りましょう!

成功も失敗もない正解がないものを楽しく作って発想を飛躍させ、作ったものをたき火に投入してスッキリして、揺れる炎を見て心落ち着かせ廃材も処理できる!素晴らしい要素がぎっしり詰まっています!サツマイモをアルミホイルに包んで入れておけば食欲も満たせますね!

どうです「たまには」ではなく「チャンスがあれば」やりたくなってきたのではないでしょうか!?

そして「炎龍手裏剣試作壱号」みたいなものを作る時に、工具箱や物置の隅の方で眠っている様々な道具や工具を使ってみましょう!

普段は効率や適合性ばかりを考えてしまって、使う道具達も同じものを使いがちになってしまいます。この機会に普段あまり使わない道具を使って接着、切断、組み立て等の工程をしてみましょう!

あらたな発想も広がりますし、あまり使ってない道具達の新たな一面や良さを知る事につながるでしょう!

「たまには一か八か」で発想を広げ、ストレスを発散して、新たな道具による着想であなたのD.I.Yを百戦錬磨にしていきましょう!

 

廃材も置き所を占領してしまうと、家族のイライラに繋がります。 楽しみながら処分していきましょう!

 

たまに一か八かでモノ作りをすることで、いろいろ見えてきました!

遠回りのようで近道であったり、心穏やかになったりで良い事ばかり!

素晴らしいスタートをきって、猪突猛進して参りましょう!