お散歩ついでにファーマーズマーケットへ!【My Favorite New York vol.11】

わたしが暮らしているブルックリンのパークスロープ地区では、毎週土曜日にプロスペクトパークと呼ばれる大きな公園の北入り口の広場でファーマーズマーケットが開催されます。

 

以前にも紹介したマーケットなのですが、犬好きのわたしにとって楽しいことがもう一つ。犬連れがとても多いんです。

公園が朝9時までドッグランとして解放されるので、9時直後のファーマーズマーケットはお散歩帰りの犬たちで大賑わいです。

 

この日は、サモエド犬のルーシーと一緒にマーケットに出かけました。

ルーシーは、この写真を撮ってくれた私の友人のMoekaさんが時々預かっていたワンコ。

 

この日を最後にお引越しするというので、最後の朝のお散歩について行きました。

いっぱい公園で遊んだ後、ルーシーも一緒にマーケットへ!

 

 

つぶらな瞳が可愛いサモエド犬のルーシー、1歳。人も犬も大好きなお茶目で可愛い性格。

プロスペクトパークが世界で一番好きな場所なのだそう。

 

 

ぞろぞろと、散歩帰りの犬たちが飼い主に付き合ってファーマーズマーケットへ向かいます。

 

 

「お兄さんたち、さっき公園にいたよね〜!」by ルーシー

 

 

ここはコンポスト。みんなが持ってくる生ゴミを回収して、公園などで使う肥料にします。

 

 

「クンクン。いい匂い。この人は何を買ったのかな。」by ルーシー。

犬を怖がる人はほとんど(全然)いません。

 

 

インゲンの山。並べ方は大胆な山積み。気になるのかな?ルーシー。

 

 

ニューヨークはリンゴの産地。いろんな種類のリンゴがマーケットに並びます。

わたしはFUJIが好き。そう、日本の「ふじ」です。

粒ぞろいじゃなく、サイズはバラバラで日本よりだいぶ小さい印象です。

 

 

この日は9〜10種類が試食できました。「つまようじを使ってね!」って書いてあります。

リンゴはほぼ一年中マーケットに並びますが、今が収穫のピークです。

 

 

ルーシーも食べてみる?

 

 

「マリオネットをやっている!」byルーシー。そんなに引っ張らなくても〜!

 

 

表情豊かなおじさんに、子どもたちはいつも釘付けです。

 

 

この日は、このマーケットの30周年(バースデー)でした。

 

 

出展者の写真を飾ってお祝い!

 

ニューヨーク市は犬と暮らしている人がとても多くて(猫も!)、ルーシーのような純血種の犬もいますが、最近はレスキュー犬を飼う人も増えています。

余談ですが、ブロードウェイの人気ミュージカル「アニー」に登場する犬「サンディ」も元レスキュー犬なんですよ。

 

意識の高い人が多い反面、市内の動物のシェルターの数はおよそ18カ所と多いのも厳しい現実。

でも、毎朝リーシュなしで気持ちよく公園内を走り回る犬たちを見ていると、

ニューヨークは、大都会ながら緑や公園が多くて、犬にとって居心地が良い場所、そして飼い主にとっても犬と暮らしやすい場所なのだなと思います。

 

 

Photo by  Moeka Nakamura
https://www.instagram.com/moe_camera/