ストリートフードフェスティバルにて、ヴィーガン料理を満喫。【不思議の国のドイツ vol.38】

ストリートフードフェスティバルに行ってきました!

主催者の方がアジア旅行をした際にたくさんのストリートフードに出会ったことから、2014年に始まったこのイベント。
多国籍料理で世界の食文化に触れながら食を楽しもうというコンセプトで今ではドイツ中の色んな街を回って行われている人気のイベントです。

2018年からは『No Plastik』をモットーに掲げ、野外のフードイベントではよく問題になるゴミ問題にも目を向けています。各地飛び交うイベントのためか、ゴミ箱も持ち運びがしやすいものとなっていました。

とりあえずぐるり。 20件ほどの屋台が並んでいました。
スパイス・グリルのいい香りが漂います。

今回は、ヴィーガンのイスラエル料理を食べてみることに。

トルティーヤのような生地に野菜と、セイタンというグルテンミートが乗っています。調べてみたら、セイタンは日本から来たものだとか。ヴィーガン・ベジタリアンの方々に人気のようです。

ご飯時でイートスペースもだいぶにぎやかに。

食後はオランダのチーズを使った、塩キャラメルチーズケーキをチョイス。

あれ、フォークがプラスチック! と思ったら、

“Compostable(堆肥化可能)”の文字が。 流石です。

ちなみに運ぶときに落ちないように、ドイツではよくケーキにフォークが刺さって提供されます。笑

最後は、お気に入りカフェのコーヒーで締め。

お天気も良くて、大満足な休日となりました♫

 

 

Mari Kusakari
◇Website◇ http://mari-kusakari.com/
◇Instagram◇ https://www.instagram.com/mari.kusakari/