南アルプス、高山の美しさ【Creation Column -Vol.55-】

8月末、南アルプスに登山に行ってきました。
景色、植物があまりにも美しすぎたので
今回はそんな夏の終わりの登山の事を。

今回の目的は仙丈ヶ岳に登頂することでした。
いつもお世話になっている仙水小屋から朝6時に出発し、
北沢峠まで下り、そこから樹林帯を登っていきます。

木々のすき間から差し込む光に照らされている植物や岩がとても綺麗。
結構勾配もあり、ハードな樹林帯でしたが、
たまに見つける可憐なお花に心を打たれては、
この先にはさらに綺麗な景色が広がっている、と希望を抱きながら登っていきました。

6合目に到達すると稜線に出て、一気に展望が開けます。
空気もひんやりとしてきて澄んでいて、とても気持ち良いです。

10時頃、小仙丈ヶ岳に到着。
ここから見る仙丈ヶ岳が最高に美しかったです。
さすが南アルプスの女王と言われるだけあります。

ここから仙丈ヶ岳の頂上まで登るのですが
所々に可愛く咲くお花や景色に心を奪われました。
こんな高いところで、岩のすき間から健気に
空に向いて咲いていて、何とも言えない気持ちになります。

道草をして、ようやく登頂できたのはお昼の12時少し前・・・
予定時刻よりかなり遅れてしまったので、頂上でゆっくりは出来ずに下山。

さっきまでのカラッと晴れた天候とは裏腹に、
次第に濃い霧がかかってきてしまいました。
でもまたこれがなんとも幻想的で・・・・
なんてラッキーな登山をしているんだろう、と
しみじみ思いました。

下山は疲労もある上に急ぎ足なので、
登り始めた北沢峠に着く頃にはヘトヘトに。到着時刻なんと16時半・・笑
予定時刻を大幅にオーバーしてしまいましたが、身も心も満たされた感じで、大大大満足の登山になりました。

下山時は写真を撮る余裕もなかったのですが
岩と岩の間から生えていた二枚だけ長い花びらのお花が可愛かったので、ブレながらもカメラに収める。
調べたらジンジソウというお花らしく、花言葉は「秘めた恋」ますますカワイイ。

高山植物、どれもとっても美しかったので、
ちょっとづつ調べてみようかなあ。
そんな、最高な夏の終わりの登山のお話でした。