個展のお知らせと、秋の夜長におすすめの映画の紹介と【Creation Column -Vol.66-】

11月になり、またさらに2019年が残り少なくなってゆくのを
早く感じてしまう今日このごろ。

今回はまず告知からさせてください…!

11/16から12/1まで、南青山にあるMUVEILという
レディースブランドのお店の中にある、
GALLERY MUVEILにて個展をさせていただきます。

新作の住人たち、新しいグッズ、古書、
MUVEILとコラボしたお洋服もお披露目になりますので、
ぜひぜひいらしてください

 

——————————————————-

M!DOR! collage exhibition
”On the Mystical Rule”
2019.11.16(SAT)-12.1(SUN) 11:30-20:00
11.15(FRI)18:00~20:00 PRE OPEN
東京都港区南青山5-12-24 シャトー東洋南青山B1F

——————————————————-

 

 

そして今回のコラムは….
本ばかりで映画のことをすっかり忘れていたので、
今日はすきな映画4本を。

まずは、とにかく初めてみたときの衝撃がすごくて、
わたしにとってインスピレーションの宝庫だった作品。
セルゲイ・パラジャーノフ 「ざくろの色」

もう、世界観からだいすき。
色も構図も衣装も雰囲気も、すべてがだいすき。
本がたくさん並んだシーンで、本がただただ
音を立ててめくれていくところ、
手の動きや音……..おすすめです。

 

お次はこちら。
ライナー・ホルツェマー「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」

もともと ドリス・ヴァン・ノッテンのデザインがすきで、
このドキュメンタリーを見て、彼の美意識の高さにびっくり&尊敬。
日々の生活の丁寧で美しいこと….はあ….と、いいため息。
生活も細部までこだわる美意識が、あのエレガントな洋服たちに直結しているのだなと、
そしてわたしも彼の創作に対する姿勢を見習わねばと奮起するのでした。
刺激をもらいたい時は、何回でも見る。

 

そして3本目は、おちゃらけな1本。
F・ゲイリー・グレイ「FRIDAY」

とにかく軽く楽しく観たい時はこれ!
あまり公にしていませんが、実はヒップホップもだいすきで
(いつかヒップホップもご紹介します)
この作品にはアイス・キューブというラッパーが出演。
最初から最後まで愉快で最高。

最後は、じーんとくる美しい作品。
セルジュ・ブールギニョン「シベールの日曜日」

ストーリー自体は切なく、静かでゆっくり。
森のなかのシーンや、水面の波紋の撮り方、
映像がとてもとてもいい。
この作品もまた、インスピレーションだらけ。
1度観たら、しばらくいい余韻が続く、そんな作品。
冬にぴったりなので、ぜひ。

 

WEB
https://www.dorimiii.com
instagram
https://www.instagram.com/dorimiiiiiii/