ニューヨークの夏の風物詩「コンサート・イン・ザ・パーク」【My Favorite New York vol.10】

ニューヨークには梅雨がないので、日本よりも早く夏が始まります。

学校も6月の半ばに年度末を迎えて、夏休みはおよそ3ヶ月。長いです。

 

夏のニューヨークは湿気が多く、気温も30度前後と暑いので、

サマー・バケーションで街を脱出するニューヨーカーが多いですが、夏には夏の楽しみがあります。

そのひとつが、ニューヨーク・フィルハーモニック・オーケストラのフリー・コンサート。

 

ニューヨーク市の5つの地区(マンハッタン、ブロンクス、ブルックリン、クイーンズ、スタッテンアイランド)にある公園で開催されて、

コンサートが終わると同時に、夜空に花火と歓声が上がります。

市民にとって、このコンサートは夏のはじめの風物詩になっているのです。

わたしもブルックリンのプロスペクト・パークで開催されたコンサートに、今年も出かけました。

この日だけはワインとビールを公園内で飲んで良いという市の粋な計らいで(普段は、アルコールは厳禁です)、

みんな敷物と飲み物、食べ物を持参してピクニックしながら開演を待ちます。

 

来ているのは人間だけではありません。犬たちも一緒です。

本を読みながら場所取りをする人。

風船を目印にしている人。

ベビーカーもアリです。右奥には綿菓子を売るベンダーの姿も。

満を記して、オーケストラ御一行がバスで到着。歓声があがりました。

今年の演目は、ロッシーニとラフマニノフとアーロン・コープランド。

コープランドはブルックリン出身。

親しみやすい曲調で、アメリカ音楽を作り上げた作曲家として知られています。

 

最上級の音楽が夜風に運ばれてくる心地よさ。

夜空の下で飲むワインの美味しいことと言ったら!

 

だんだんと辺りも暗くなり、まもなくフィナーレです。

みんなの拍手が鳴り止まないうちに、花火がスタート!

この演出には毎年ワクワクします。いよいよ夏だねー!

このコンサートには入場券もありません。列にも並びません。

6時くらいからパラパラと人が集まり、思い思いに席(空間)を見つけて開演を待ちます。

旅行者が多いのは、やっぱりマンハッタンのセントラルパーク。

かなり混みますが、まあ、それも楽しい。もちろん花火も上がります。

ニューヨークにいる誰もが平等に楽しめるイベントです。

 

ニューヨークの夏は蒸し暑いけど、楽しいこともたくさん。

特に夜の公園のイベントは、コンサートあり、映画あり、そのほとんどが無料です。

もし夏にニューヨークに来る機会があったら、市民に混じって、

こんなユル〜イ夏のイベントも覗いてみてください。とってもオススメです。

 

Photo by  Moeka Nakamura
https://www.instagram.com/moe_camera/