成功するD.I.Yテーマは「普段から考える」【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも 前編】

たった2カ月前は肌寒かったのに、あっという間に30℃over…。

さて?どんな服を着ていこうか?どの程度の薄着なら許されるのだろうか…。

出掛ける前から戦いが始まっているこの時節。

 

戦い疲れて全身水色のコーディネートでウロウロしてクッキーモンスターと間違われていませんか?

職務質問受けないくて済むように意識高く過ごしましょう!

モノの仕組みや発想はゴロゴロと転がっています! 少し意識して歩くだけでアイデアが大量に押し寄せてきます!

 

 

さて楽しくD.I.Yを楽しく続けていく為の今回のポイントは・・・

「普段から考える」です!

 

オンとオフを切り替えて集中力を高めよう!という取り組み方も大事なのですが、およそ2時間D.I.Yが出来る状況だったとして

「何を作ろう?」

「自分らしいポイントを何で表現しょう?」

「休憩のお菓子はきのこの山かたけのこの里か?」

と考え出すと、アイデアが固まるまでにあっという間に1時間ぐらい過ぎちゃいます。

 

さらにそこから道具や材料を揃えたりしていると、残りの時間は数十分となってしまいます。

せっかくやる気と成果が出始めたところで「はい終了~!」となってしまいますと、

次回への創作意欲が萎えてしまい非常にモッタイナイです!

 

そこで「普段から考える」を実践してみましょう!

 

作業時間外で「何をどう作ろう?」と考えておいて、

事前に設計案や材料を揃えておくと作業時間がまるまるたっぷり有効に使えます。

 

その結果

「みるみる内に形になってきたわ!」

「オイラは効率の鬼だ!」

と気分も良くなり、別日に作業する事となってもテンション高く臨めるでしょう!

 

一方、作りながら考えていくというのも確かに楽しいのですが、

実はその時に浮かぶアイデアは現実的で堅実的なアイデアになりがちです。

 

しかし何も縛られてない「ふとした時」に浮かんでくるアイデアは、

ある意味無責任で固定観念を超越した楽しいオリジナリティー溢れるものになるでしょう!

 

そこからいざ製作する為に、実現可能なアイデアに昇華させていく作業は

「私、今D.I.Yをやっている!」

と実感出来るワクワクの輝かしい時間なのです。

やりたいアイデアがいつもの補充されますので、どんどんD.I.Yして形にしていきましょう!

 

D.I.Yの醍醐味は如何に安く、如何に思い通りのサイズ感で作れるかというところが大きいと思います。

考えれば考えるほど幾つものアイデアが出て来て理想に近づいていきます。

 

また今回は採用されなかったアイデアもきっと違うものをD.I.Yする時に大いに活かされる事でしょう!

時間をうまく味方に付けてD.I.Yに取り組んで参りましょう!

 

では後編へつづきます!

 

SNSもやってます!

竹若 元博Instagram @takewaka_motohiro

バッファロー吾郎 竹若 @takewakatake