私の適齢期。【てんてこ舞 in Brooklyn vol.6】

【てんてこ舞 in Brooklyn vol.6】人生は何が起こるかわからない。だから面白い。
久しぶりの連載です。
NYへ越してきてもうすぐ一年が経ちます。
 
歳を重ねるごとにあっという間感が強くなった42歳。
ですがこの1年だけは違いました。
長かった。
やっとここまで来たというのが正直な気持ちです。
 
40代に入り、面白い様にやりたい仕事が舞い込み、やりたかった料理本も一年で2冊も出版し、一人になって5年で、大好きだった料理をやっと人前で「仕事」だと胸を張って言えるようになりました。
部屋中がキッチンの様な我が家では撮影をしたり、連日の様にマイズキッチンを開催したり、週末には期間限定のレストランを銀座stockにてオープンし毎週テーマを決め、飽き性な自分のお尻を叩きいつもわくわくさせました。
料理イベントには毎回たくさんのお客様も料理人も来てくれて最高に楽しかった。
600人のケータリングをアシスタントと狭い家のキッチンでやりあげた時のたまらない快感。
年の半分は海外の市場へ行きまくり、食べ歩き、知らない料理、食材、調理道具、その異国の空気そのものを持ち帰り再現し振る舞ったり。
 
この会社と、この人と仕事がしたいと思えばその会社から、その人から仕事の話が来た。
当然収入も自然と増えていき、この仕事をやりはじめた時はどうやって食べて行こうか、家賃は払えるのだろうか…不安な時もありましたが
電車に乗らずに1時間毎日歩いて新宿まで行った事だってありました。お皿洗いのバイトだってしました。
自由になるとは覚悟と責任がついてくるのだと…
 
それが毎朝好きな時間に起き、好きな仕事をして、好きな物を食べに行き、タクシーに乗り…
年の飛行機の搭乗回数は70回を越していて
忙し過ぎて靴下履いたままシャワーを浴びていたりエプロンしたまま飛行機のってしまったり
遊びと仕事が一緒だったんだって…
 
とことん仕事をし、とことん遊んで、とことん楽しかった。
 
でも、もうお腹いっぱいだったんです。
 
一旦その生活に区切りをつけ、去年の4月に渡米。
2年の遠距離交際をしたパートナーとの結婚を選択しました。
2人とももういい歳だし、一緒に暮らそう、そしてまた東京と行ったり来たりの生活をすれば良いんだ、と簡単に考えていました。
 
ですが憧れのゆっくりのんびりの生活は直ぐに飽きてしまい
私は何をしているのだろうか…
日本のみんなの楽しそうな姿、仕事振りを見ては私はこれで良いのだろうか、焦った時期もありました。
仕事が、料理がしたかった、生きてるって感じなきゃ生きられない!
ここNYで私らしく生きていくとは…悶々としていた夏のある日、いつもの様に自宅からスタジオへ向かう途中、薬局の前を通り過ぎ何故かハッとしました。
引き返した店で私はレジの横に置いてあったチェリーパイと妊娠検査薬を手にしていました。
そしてその足でスタジオのトイレへ行き…
 
1分後、私の人生は変わりました。
その日は毎月の生理予定日、直感でした。
 
私は42歳、パートナーは55歳、正直子供は諦めていました。2人で楽しく生きて行こう、私達らしく…
面と向かってそんな子供の話をしたことなんて無かったのです。
最初は喜びより驚きと不安が先でした。
 
実は私は30代で二度の流産を経験していたから。
一度目は痛みもなく成長が止まってしまう稽留流産。
その頃の私は知識もなく妊娠したら産まれるのは当たり前の事だと思っていて病院で泣き崩れたのを覚えています。
そして二度目はアメリカ。
帰国前夜に少量の出血がありました。
昔、メキシコで手に大怪我をしてロサンゼルスの病院に運ばれて手術をした経験がある私は、それがどんなに大変な事かわかっていました。
観光ビザ、たらい回し、病院、先生、保険。。。その間にとにかく早急に帰国しその足で救急病院へ行こう。
翌朝飛行機に乗りました、NYの空の上どんどんお腹が痛くなり激痛の中トイレへ駆け込んで凄い出血を見て私は覚悟しました、進行性の完全流産。
 
その時誓ったのです。私らしく、めいっぱい生きていこう…と。
 
あの日から色んな事があって巡り巡って、今NYでお腹に新しい命がいます。
 
42歳での自然妊娠の確率は5パーセント以下でそこから無事に産まれてくるのは半分の確率だと聞きました。
そんな中、初期に二度も出血をして絶対安静、動けずにトイレに行くのもやっと、一日中ベッドで昔の事が頭に浮かんで不安にもなりました。
 
でもあの時と違っていたのは自分。
歳を、経験を重ねた分、精神的にどっしりしていました。
ここに命が来てくれたことだけでも奇跡で有難い。
この子の生きようとする力を私が信じてあげなくてどうする?
 
あんなに好きだったお酒もパタっと飲みたくなくなり、自分が食べたい物より食べさせたい物を食べ
とにかく体を冷やさないように無理をしないを心がけて…
日付けが変わるたびに成長を感じ
毎回健診では手に汗、目を閉じ祈り
初めて心拍を聴いた時は涙し
つわりが無いのに不安になり胸が張るのに安心し
だんだん人の姿になっていくのにつれ自分が母になっていくのを感
父親の自覚が無いとイライラしたり、この人と家族になったんだなぁとウルウルしたり
出っ張ってきたお腹を眺めているとやっとここまで来たんだなぁと今、しみじみ思います。
 
もうすぐ臨月に入ります。
母子一体の貴重な時も、もうすぐ終わりを迎えます。
そしてこれからまたたくさんの事が待っていると思うと楽しみでありながら覚悟が必要です。
でもやっとわかった気がするんです、こうやって私も母から出てきたんだ。
母から愛されてきたんだって。
そして姿はなくとも今もずっとずっと愛され見守られているのだと
そして私は母になるのだと。
 
久しぶりの連載、個人的な事でごめんなさい。
でも伝えたかったのは適齢期は人それぞれで、私はそれが今だったんだ。
 
人生は何が起こるかわからない。だから面白い。
 
 
 
 
 

塩山 舞

http://maishioyama.com/