夢のファーストクラスでラウンジクッキング【てんてこ舞 in Brooklyn vol.2】

【てんてこ舞 in Brooklyn vol.2】

蟹の身をせっせと外し一気に食べるのが好きだ!

マイルをせっせと貯めて一気に使うのが好きだ!

NY線、夢のファーストクラス!勝負に出た!

といっても切れかけたマイルを慌てて変えた。

今回は移住なのでわけが違う。ちなみに帰りはエコノミーだ。

長く帰れないので出発前に実家へ帰る事にした。

ハイシーズンなのでマイルを使い片道を購入した。帰りの福岡〜東京はNY迄の特典航空券に組み込んだ。

福岡から成田、成田からJFK、帰りはJFKから羽田の作戦。

それだけでもう既に福岡東京の片道分、約3万円がういた。

福岡〜成田行きは一日2便のみの早朝か夕方で成田→JFKの便は夕方…

もちろんファーストクラスのラウンジに1秒でも長くいたいので早朝便にした。

 

昨夜は甥っ子との約束で弟の店、博多塩田屋へ行きそのまま塩田屋の上、弟のボロアパートに泊まった(正直ハイアットに泊まりたかったがここは楽しい節約)

6時に目覚ましをかけ、弟の洗濯物を恩着せがましくたたみ、布団に入った。

あんなにせっせと働いているのにこの部屋…どんだけ倹約家なんだ。。死んだ爺ちゃんみたいだ。

6時半にトマトタクシーに乗り6時40分に福岡空港へ到着。街中から10分で空港だなんて世界中探しても無い、それも国際空港!

今回は東京の家から100キロの荷物を成田空港へ送ったので乗り換え口では無く一旦外へ出て荷物をピックアップしてチェックインカウンターへ。

 

流石ファーストクラス。優雅に荷物持ちがついてる、

パジャマみたいな格好にずだ袋は私だけだった。

荷物あけて鍋出したり鰯いれたりも私だけだった。

無事に荷物を預けラウンジへ…自動出国ゲートを通過。

1秒でも早く入りたい、即入りたい、思わず走った。

さぁこれからラウンジ8時間に突入。

夢のJALファーストクラスラウンジ、一歩踏み込むとそこは天国だった。

目の前には寿司職人、振り返るとジョンロブのシューポリッシュ、いわゆる靴磨き。


ずらずらと並んだお料理達。

中でもやっぱりこれ!日本の翼が選んだ日本のスープ「Soup Stock Tokyo オマール海老のビスク」

こちらもファーストクラスだけのサービス。

親友でもあるスープの女神、桑折敦子の作るスープだ。

 

うんうん、誇らしい味がする!みんなに注いで配りたい気分を抑えて…

スープに合わせてメゾンカイザーのパン。

軽く朝食をとり残り待ち時間7時間、お次は個室のシャワールームへ。

 

この際とじゃぶじゃぶお湯を使いさっぱりして、シャワー前に予約しておいたマッサージへ。

プロのマッサージ師による10分だけの至福な時間。

延長出来ないかダメ元でお尋ねしたけれどやっぱりダメだった。。

そうこうしているとランチタイムに…

そろそろ飲んでも良いでしょ?と、シャンパンからスタート。

 

ずらっと並んだアペタイザーはあえてパスして

寿司カウンターへ並ぶ。

なるほど…マグロとイカと卵のセットなのね…一度に注文出来るのは三巻のみ、お代わり自由!

いかにも社長や石油王みたいな先輩方が「マグロ三巻!」揃えたかの様に皆様自信満々なお声で…

え⁉️イカと卵は⁉️ビギナーはスタンダード三巻盛りからスタート。

中トロのクオリティに驚く。イカと卵?うん普通。

でもこうじゃなきゃ私の出番はない…(元々出番なんて無い)

2回目はイカ三巻に挑んだ。ラウンジクッキングスタート。

 

1巻目、桜餅の桜の葉を外しイカに巻いた。

2巻目、サラダバーの野菜にピンチョスを崩し乗せ、マヨソース

3巻目、うどんの天かす、カイワレ、一味、ドレッシング

がりの代わりにピクルスを丁寧に盛り付けた。

隣の席のイケメンサラリーマンはまるで危ない物を見る目で見ているが好みのタイプでは無いので関係ない。

その他勝手に料理したもの。

うどんに牛丼の具を乗せ博多肉うどん。

スープにカプチーノの泡だけのせるオマールのカプチーノ仕立て。

こちらは高度なテクニックが必要、コーヒーになるタイミングの一歩手前じゃなきゃえらい事に!

などなど遊び疲れた私はシャワー、マッサージ、仮眠、ラウンジクッキングの繰り返しでそろそろ搭乗の時間になった。

そう、ここはグローバルクラブのファーストクラスラウンジ…では無くゴーマンズクラブのファーストクラスラウンジ。

私にとって夢にまで見たお花畑の天国だ。

搭乗開始のアナウンス。いよいよ機内へ続く…

塩山 舞

http://maishioyama.com/