爽やかな季節を感じる、ブルーのワンピース&ロングシャツ

あたたかな日差しが気持ちのいい季節がやってきました。そんな季節にフィットする爽やかなブルーのアイテム2点をご紹介します。

ブルーのアイテムを選ぶときは鮮やかな色合いよりも、少しくすんでいたり、ニュアンスを感じるトーンの方がコーディネートもしやすく、おすすめです。そこで紹介するのは、柔らかな印象を醸し出すブルーのワンピースとロングシャツ。ともに、すっきりとしたスタンドカラーもポイントです。

左:ワンピース¥5,900/SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH、右:シフォンロングシャツ¥13,000/NOMBRE IMPAIR

最初に紹介するのは、『SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ )』のワンピース。ブランドコンセプトは「THE GLOBAL STANDARD FASHION」。グローバルトレンドを、ファッション感度が高く好奇心旺盛なすべての男女に向け、より早くよりリーズナブルに展開する人気ブランドです。

ワンピース¥5,900/SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH

少しシワ感があり柔らかく肌触りの良いワンピースは、落ち着いた色合いもポイント。首元のギャザーから広がるバックスタイルはふんわりとしていて女性らしい印象になります。襟元はスキッパータイプで重くなりすぎないよう抜け感をつくっています。

1枚でさらっと着こなしたり、肌寒い日は、ざっくりカーディガンを上から羽織るのもOK。また、デニムやレギンスなどを合わせたレイヤードスタイルもバランスよく決まります。

次にに紹介するのは、『NOMBRE IMPAIR(ノンブルアンペール)』のシフォンロングシャツ。縦糸にフィラメント糸を使用し、横糸を染め分けているのでムラ感のある天然素材を思わせる質感に。軽くドライなタッチでこれからの季節に相応しい着心地になります。厚みのある小ぶりのボタンもアクセントになっています。

シフォンロングシャツ¥13,000/NOMBRE IMPAIR

シルエットはメンズライクなバンドカラーのシャツですが、落ち感のある素材なので女性らしく着ることができます。ゆとりのあるシルエットですが、大きく見えすぎず、また後ろのヨーク切り替えにも一捻りあるので、一枚でさらりと着てもさまになります。

あえて柔らかな質感や、光沢のあるような素材のゆるいボトムなどを合わせ、足元にはフラットなミュールやサンダルと、太めのバングルなどの小物を利かせた着こなしもおすすめ。

紹介した2つのアイテムは、ともに前開きタイプなので、夏のクーラー対策にさらっと羽織るのにも役立ちます。春先から夏に向けて長く活躍するので、ぜひワードローブに加えてみてはいかがでしょうか?

SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH

https://www.urban-research.jp/shop/sense-of-place/

NOMBRE IMPAIR

https://rolladex.co.jp/nombreimpair/

photograph:kimyongduck
styling:Rina Taruyama
text : Mikiko Akiyama(marmelo)