素材のよさが際立つ『undecorated(アンデコレイテッド)』のTシャツ

ワードローブに欠かせないTシャツ。デザインや素材など多種多様であるからこそ、本当によいものを選びたいもの。そこで、『undecorated(アンデコレイテッド)』からおすすめのアイテムを紹介します。

「飾らない」シーンにフォーカスされたコレクションを提案する『undecorated(アンデコレイテッド)』。服の基盤となる素材のあり方から考え、素材のためのデザインとして構築されたワードローブを展開しています。

そんなこだわりを持つブランドから発信されるTシャツは、着る人の気持ちを考えた丁寧な物作りが冴えます。

今回紹介する2つのアイテムは、同じ素材で作られたデザイン違いのもの。

Tシャツ¥10,000/undecorated

素材のコットン100% スビン綿は、セントビンセント島産の海島綿と、インド在来種の超長繊維綿スジャータとの交配によって生み出された綿花です。その中でも1番摘みと2番摘みを厳選して使用しています。繊維がもっとも細くしなやかな超長繊維綿で、シルクに近いしっとりした手触りが特徴です。

Tシャツ¥10,000/undecorated

また染色、加工の工程でもタンブラー乾燥をし、表面をわざと毛羽立たせることで、より生地の風合いをよくしています。程よい肉感の40/2の糸を使用したオリジナル定番素材。Tシャツのポイントのひとつである襟ぐりも、すっきりときれいな仕上がりです。

ワンピース¥18,000/undecorated

同素材のワンピースも展開しています。深めのスリットが入ってるので、さらっと着るのはもちろん、パンツと合わせてもはきやすいデザインです。

ほどよいシルエットで1枚でもさまになるTシャツとワンピースですが、ほかにも目を惹くのが、アイスグリーンのさり気ないカラーリング。ありそうでなかったニュアンスのある色合いが、年齢を問わず幅広い世代に好まれるはず。

本当に着心地のよいコットンTシャツを探している人や、より上質な普段着を求めている人に、ぜひおすすめしたいアイテムです。

undecorated

https://undecorated.jp

photograph:kimyongduck
styling:Rina Taruyama
text : Mikiko Akiyama(marmelo)