日々のコーディネートに重宝する『Phlannèl(フランネル)』のアイテム

着る人と共に育まれていく服を提案していく『Phlannèl(フランネル)』から、セットアップはもちろん、セパレートのコーディネートでも楽しめるアイテムをご紹介します。

「非凡、並外れた」の意味を持つPHENOMENALと、伝統的な織物のFLANNELを掛け合わせた造語から名付けられた『Phlannèl(フランネル)』。あらゆる要素を足し引きし、今の空気感をまとい、時を越える魅力を持つアイテムがラインナップされています。

コットンシルクスモックシャツ¥34,000、コットンシルク2タックペンシルスカート¥34,000/ Phlannèl

今回ピックアップしたのは、コットンシルクのアイテム2点。経糸にシルク、緯糸にコットンを高密度に交織したファイユ地のスモックシャツとタックスカートは、グログランにも似た、畝の細かさとシルクの光沢感で上品さを演出しています。

コットンシルクスモックシャツ¥34,000/ Phlannèl

スモックシャツは、1920年代のヴィンテージブラウスをベースにし、立体的でたっぷりとした分量のギャザーが女性らしい一枚。ドレッシーなアイテムを軽量でハリのある生地で仕立てることにより、エレガントになりすぎず日々のコーディネートに重宝するアイテムに仕上げています。

コットンシルクスモックシャツ¥34,000、コットンシルク2タックペンシルスカート¥34,000/ Phlannèl

タックスカートは、2タックをアクセントに太幅のウエストベルトなど、ヴィンテージパンツのようなディテールが新鮮な一枚。ゆとりのあるヒップ回りとくるぶし丈は、さらりとした生地感もあり、はき心地のよさも魅力です。

今回のようにセットアップでのスタイルはもちろん、それぞれ単品で別のアイテムとコーディネートを楽しむこともできます。スモックシャツは、デニムと合わせたラフな着こなしもきれいに決まります。

素材感にハリがあり、シルクの光沢感で上品さを醸し出しているタックスカートは、シンプルなTシャツやサンダルをコーディネートしてカジュアルダウンさせると、また違った印象に着こなせます。

心地よい日常の服であり、着る喜びに包まれる特別な服でもある『Phlannèl(フランネル)』。コーディネートの幅も広がるアイテムを、ワードローブに加えてみるのはいかがでしょうか?

Phlannèl

http://phlannel.jp/

03-6892-2014(ブルーム&ブランチ青山)

photograph:kimyongduck
styling:Rina Taruyama
hair&make:Keita Iijima(modshair)
model: Sakura Maya Michiki(AMAZONE)
text : Mikiko Akiyama(marmelo)