『FIKAFABRIKEN(フィーカファブリーケン)』の北欧菓子で、笑顔がこぼれるティータイムを。

スウェーデンの定番菓子を始め、さまざまなお菓子がいただけるパティスリー『FIKAFABRIKEN(フィーカファブリーケン)』。人気の定番、とっておきの3品をご紹介します。
シナモンロール¥280/FIKAFABRIKEN

 

北欧への想いがふくらむ、旅する小さなお菓子屋さん。

 

『FIKAFABRIKEN(フィーカファブリーケン)』は、店主の関口愛さんが旅先で出会った美味しいお菓子への思いをもとに、日々の暮らしがより楽しく、なんだか元気になるようなお菓子を届けるパティスリー。豪徳寺に店舗を構え、日々たくさんの人々に美味しいお菓子と楽しい時間を提供しています。

お店の名前をスウェーデン語で直訳すると、「お茶の時間(FIKA)工場(FABRIKEN)」。”FIKA(フィーカ)”はスウェーデンではおなじみの言葉で、「コーヒーやお菓子をつまみながら誰かとおしゃべりする時間」のこと。人と人が仲良くなれる「きっかけ」を与えてくれる、スウェーデンに欠かせない文化なのだそう。今日は、そんなFIKAに欠かせない、『FIKAFABRIKEN(フィーカファブリーケン)』で人気の3つのケーキをご紹介します。

 

素朴なビジュアルがなんとも美味しそうなシナモンロールは、スウェーデンを代表する甘いパン。いまでは世界中にファンのいる有名なスイーツですが、『FIKAFABRIKEN(フィーカファブリーケン)』でも一番人気の定番商品です。生地にはカルダモンをたっぷり使用し、上には大粒のパールシュガーがたっぷり。日本ではなかなか味わえない、本場の風味が楽しめます。

 

 

キャロットケーキ¥400/FIKAFABRIKEN

 

美味しいケーキと共に、毎日の生活に「FIKA(フィーカ)」の時間を。

 

スウェーデンのカフェでは必ず見つかるといっていいほど大定番の「キャロットケーキ」は、粗めにすったニンジンをたっぷり入れて、しっとりふわっと焼き上げたとっておき。ふんわり広がるシナモンの香りと、甘酸っぱいクリームチーズのフロスティングクリームの相性が抜群です。しっかりとした食べ応えがあるので、小腹がすいたときのおやつにもぴったり。ぜひ、あつあつのコーヒーと一緒に召し上がってみてください。

 

プリンセストータ¥500/FIKAFABRIKEN

 

きれいなグリーンのビジュアルに心ときめく「プリンセストータ(トータはスウェーデン語で「ケーキ」の意味)」は、ラズベリージャム、カスタード、バニラクリームを三層に仕上げたお誕生日ケーキの定番。まわりはグリーンカラーのマジパンでコーティングしてあり、存在感も抜群です。

スウェーデンでは古くから親しまれている伝統的なケーキで、スウェーデンの王女たちが好んで食べていたから「プリンセストータ」と呼ばれるようになったとか。ヴィヴィッドな見た目ながらほんのり優しい味わいで、心も身体も満たされることうけあい。

 

大切な仲間とのおしゃべりに花を咲かせて、リラックスしながら心もお腹もみたされる、愛しい”FIKA”の時間。ぜひ、『FIKAFABRIKEN(フィーカファブリーケン)』のお菓子と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

FIKAFABRIKEN
世田谷区豪徳寺1-22-3
12:00〜19:00
火・水定休

photograph:kimyongduck
styling:Rina Taruyama

text:Sakura Komiyama