大人気の『Marimekko(マリメッコ)』から、フラワーポットが初登場!

世界中にファンを持つ、フィンランド生まれの『Marimekko(マリメッコ)』。植物のお世話が楽しくなりそうなフラワーポットが初お目見えです。
フラワーポット(左)¥9,000、(右)¥10,000/Marimekko

 

ガーデニングがもっと楽しくなる、北欧デザインのフラワーポット。

 

マリメッコは、独創的なプリントや色使いによって世界中に広く知られるフィンランドのデザインハウス。オリジナリティあふれるファッション、バッグ、小物からホームデコレーションまでを展開するライフスタイルブランドの先駆けとして1951年にスタートし、いまでは北欧を代表するブランドとして世界中にファンから愛されています。

年々、大人の女性の間でガーデニング人気が高まるなか、ついに登場したのがマリメッコ初のフラワーポット!!2020年Pre-springシーズンのテーマである「ガーデニング」にちなんだもので、マリメッコならではの独創的なデザインが存在感抜群です。

 

 

フラワーポット(左)¥9,000/Marimekko

 

さりげないモチーフ柄が、インテリアのアクセントに。

 

ころんとした愛らしいフォルムに、ぐるりとあしらわれた柄は「Rasymatto(ラシイマット/フィンランドで「使い込まれたラグ」の意味」。市民菜園からインスピレーションを得てデザインされたもので、サスティナブルな暮らし、そして自分の手で作業することの喜びが表現されています。

フラワーポットの大きさは3種類で、画像の2種類(ラシイマット柄入り)の他、一回り小さなサイズで無地(ラシイマット柄なし)、フラワーモチーフPrimavera(プリマヴェーラ)柄がプリントされたタイプも販売予定。

 

フラワーポット(左2つのセット)9,000(右2つのセット)10,000/Marimekko

 

フォルムにこだわっているだけでなく、すべてに底穴と受け皿がついているなど、機能性もしっかり重視。ベースが釉薬無しのマットな質感なので会わせやすく、どんなお花やグリーンを植えるかを考えるのもワクワクと楽しい時間になりそう。

 

 

まだまだ寒いけど、心はすっかり春なこの時期。緑あふれる季節を夢見て、いまからガーデニングの準備を始めてみませんか?

 

 

Marimekko

https://www.marimekko.jp/

03-6439-1647(ルック ブティック事業部)

photograph:kimyongduck
text:Sakura Komiyama