『HAY(ヘイ)』のカラフルな水筒で、日常生活に北欧のエッセンスを。

デンマーク発のインテリアプロダクトブランド『HAY(ヘイ)』から、持ち歩くだけでハッピーな気持ちになれそうな水筒をご紹介!
水筒 各¥5,600/HAY(HAY TOKYO)

 

モダンな遊び心が薫る、大人のための北欧デザイン。

 

『HAY(ヘイ)』は、ロルフ・ヘイ氏が2002年に設立し、2003年のケルンフェアでデビューした、デンマークのインテリアプロダクトブランド。50年代、60年代のデンマーク家具のデザインを大切にしながらも、新しい時代にフィットするデザインを取り入れたさまざまな商品開発を行っています。

北欧デザインというカテゴリーにこだわらず、インターナショナルな視点を持ち展開する家具、インテリアアクセサリーからデコレーションアイテム、ステーショナリーなど、
ライフスタイル全体をコーディネートするコレクションは、日常を豊かにしてくれるものばかり。ホームユースのプロダクトだけでなく、ホテルやレストラン、教育施設など多くのプロジェクトも手掛けていて、日本でも話題急上昇中です。

 

水筒 各¥5,600/HAY(HAY TOKYO)

 

頼れる機能とセンスフルなデザインで一年中大活躍。

ジョージ・ソーデン氏がデザインした水筒は、見ているだけで胸がワクワクしそうなカラーが印象的。ステンレス製のボディとプラスティック製のキャップの配色がなんとも絶妙で、まるで砂糖菓子のよう!

暑い季節は冷たい麦茶、寒い季節はあたたかいコーヒーやお茶を入れてと、一年中大活躍。ぽんとデスクの上に置いているだけで絵になるデザインは、大人のデイリーパートナーにぴったりです。

 

水筒 各¥5,600/HAY(HAY TOKYO)

 

パッケージも可愛らしいので、友人や恋人へのプレゼントにもおすすめ。一年で一番寒い季節も、心躍る水筒と一緒ならあたたかな気持ちで過ごせそう!

 

HAY TOKYO (ヘイトウキョウ)

03-6427-9173

www.welcome.jp/brands/hay

 

photograh: Kim yongduck
styling: Rina Taruyama
text:Sakura Komiyama