冬コーデの名脇役はカラーソックス。メイド・イン・奈良の『RoToTo(ロトト)』であったかくて可愛い足元

おしゃれセンスの見せどころは、足元。『RoToTo(ロトト)』のカラーソックスで真冬の着こなしをトーンアップ

一年の中でも最も気温が下がるとされるこの時期、装いで何よりも大事なのは防寒だけどおしゃれだって諦めたくありません。真冬のコーディネートは小物に遊びを効かせることで、洗練度がぐっとアップ。お財布にも優しいソックスから、おしゃれのアップデートをはじめてみては。

メイド・イン・奈良のソックスブランド『RoToTo(ロトト)』

シンプルなシルエットだからこそ、素材やデザインのクオリティが問われるソックス。どれも同じように見えても、コーデの名脇役になってくれるのは本当に素敵なソックスだけ。メイド・イン・ジャパンのソックスブランド『RoToTo(ロトト)』のソックスは、「一生愛せる消耗品」をコンセプトに快適なはき心地が自慢。国内一の生産量を誇る靴下産地である奈良県広陵町を中心とした工場で生産されていて、季節や用途に合わせた素材選びもこだわっています。

着こなしのフックになる赤のソックスは、肉厚のワッフル素材をイメージして編み立てたコットンベース。洋服ではチャレンジするのがちょっと難しいようなお目立ちカラーも、ポイント使いならさりげなくなじみ、着こなしに深みをプラスしてくれます。

実用的でセンスのいいバレンタインギフト


左からソックス¥1,900、¥3,300、¥2,600/RoToTo

ライン入りのソックスは、リバーシブル仕様。希少なキッドモヘヤを贅沢に使い、片面は起毛させふわふわ感が楽しめます。モヘヤは「ダイヤモンドファイバー」と呼ばれるほど丈夫な繊維で、冬のソックスに最適なんだそう。

バイカラーのソックスは、ベロア素材を使用した遊び心のある一足。足裏部分は吸水・速乾性に優れたdralonに切り替えて実用性もばっちり。さらに抗菌消臭加工を施し、気になるニオイも軽減してくれます。ソックスはユニセックスなアイテムとして展開しているので、まもなくやってくるバレンタインのギフトにもおすすめです。

RoToTo
http://www.rototo.jp/

photograph : Kim yongduck
styling : Rina Taruyama
text : Momoko Yokomizo