就寝時の肌をやさしく包む「PRISTINE(プリスティン)」の毛布と手袋

ライフスタイルブランド「PRISTINE(プリスティン)」から、冬のベッドタイムに取り入れたい肌に心地良い2アイテムをピックアップ。

“気持ちの良い毎日のために、手を掛けすぎない、手を抜かない。”をコンセプトに、暮らしに寄り添う持続可能なライフスタイルを提案する「プリスティン」。1996年のデビュー以来、人・環境・社会にやさしいものづくりを追求しています。使用する素材は素肌に気持ちの良いオーガニックコットン。健やかなコットン本来の風合いを生かし、糸、生地、製品まですべて日本製で、無染色にこだわって作られています。

ヤクコットンヘリンボーン毛布¥28,000/PRISTINE

 

なめらかな肌触りとあたたかさに病みつきになる毛布

オーガニックコットンの糸とヤク混の糸を組み合わせ、ヘリンボン柄に織り上げた綿毛布。たて糸はウールなので軽くて保温性も◎。地組織が綾織になり、肌に心地良い感触のとろりとした質感が特長です。

就寝時に使用するのはもちろんのこと、軽いのでブランケット感覚でひざ掛けとして使うのもおすすめ。 さらに自宅でも洗えるので、汚れてしまっても安心。日常的に使うものだからこそ、気軽にケアできるというのはとても魅力的です。

 

おやすみ中にハンドケアができる保湿手袋

保湿手袋¥1,200/PRISTINE

 

冬になると特に気になる手の乾燥や荒れ。そんな人におすすめしたいのが、細番手の糸を使用した保湿手袋です。薄手のやさしい肌触りで、締めつけ感のないゆったりとした着け心地。素材は肌にやさしいオーガニックコットンなので、着用した状態でも安心して赤ちゃんの肌に触れることができます。

特に就寝時の使用が効果的で、お風呂上がりにクリームを塗った手に着用してみてください。コットンには保湿効果もあり、翌朝には手がしっとりしているのを実感できるはず。

薄手で通気性が良いため、クリームを塗った後でも素肌に密着してベトついたり、蒸れてしまう心配もありません。

 

1日の疲れを癒す大事な時間であるベッドタイム。使用感の心地良いアイテムを取り入れれば、いつも以上にぐっすり眠れそうな予感。

特にこの時期は乾燥しやすくお肌も敏感になりがちなので、素肌にやさしい素材のものを選んでみては?

 

PRISTINE

https://www.pristine.jp/shop/default.aspx

 

photograph:kimyongduck

styling:Rina Taruyama

hair&make:Keita Iijima(modshair)

model: Sakura Maya Michiki(AMAZONE)

text : Yu Konisho