伝統的な刺し子織りを日常で楽しむ、『CaBas(キャバ)』のエプロンとバッグ。

柔道着の素材として知られる刺し子織りを使ったバッグが人気の『CaBas(キャバ)』。洗練されたデザインと、日常使いにちょうどよい実用的な親しみやすさが魅力です。
エプロン¥18,500/CaBas

 

伝統的な三河木綿の刺し子織りを生かしたモダンなデザイン

 

『CaBas(キャバ)』は、フランス語で“大きな鞄”や“ショッピングバッグ”を意味するブランド。日々を彩るアイテムとして自由な発想で使えるものを、という思いを込めて、今も大切に受け継がれている伝統的な素材や、工房の持つ技術を捉え直し、誰にとっても身近なトートバッグを中心としたバッグコレクションを展開しています。

愛知県三河地方に根付く、三河木綿を使った独特な刺し子織りは、生地の凸凹により耐久性、耐火性、保温性、吸湿性に優れ、なめらかで肌ざわりも良く、 日本古来より伝わる防火用衣、道着の織り物として伝わってきたスペシャルな素材。わたしたちには柔道、空手、剣道の道着として馴染みが深い綿織物ですが、その刺し子織りをモダンなデザインに生まれ変わらせたのが『CaBas(キャバ)』のアイテムなんです。

こちらのエプロンは、ガーデニングや作業、お料理のときにも大活躍のひとしな。刺子生地特有の風合いが、使い込む程に気持ちよく馴染み、使う人それぞれの風合いに経年変化する過程も楽しめます。 普段使いのエプロンとしてはもちろん、スタイリッシュなデザインなので、特別感のあるユニフォーム的に使うのもおススメです。

 

 

ランドリーバッグ各¥12,000/CaBas

 

 

丸洗いもできるバッグは日常使いにもインテリアにも

 

ランドリーバッグは、『CaBas(キャバ)』のベーシックなスタンダードライン。底面がラウンド型の小ぶりなトートバッグは、気兼ねなくざぶざぶと丸洗いできる親しみやすさが魅力。普段使いはもちろん、収納用としてインテリアにもおすすめ。ランドリーバッグという名の通り、ランドリーまわりの雑貨や洗剤の収納、キッズのおもちゃ収納、雑誌や書類の収納など、自由な発想で使いこなしたいすぐれもの。素朴でモダンなデザインが生活にしっくり馴染んで、冬のおこもりタイムも楽しい気持ちで過ごせそう。

 

ランドリーバッグ¥12,000/CaBas

刺し子織りの生地は非常に頑丈なため、美しい裁断や縫製が難しいとされていますが、こちらのシリーズは昔から刺し子織りに向き合ってきた経験豊かな作り手 が一枚一枚丁寧に縫製することで、まっすぐに断ちそろえられた美しいカバンを生み出だ しています。

使えば使うほどに伝統的な刺し子織りの良さを実感する『CaBas(キャバ)』の日用品。シンプルな生活を愛する人にこそ使ってほしい、日本の手仕事の魅力あふれる逸品です。

 

CaBas

https://www.cabas.jp/

photograh: Kim yongduck
styling: Rina Taruyama
text:Sakura Komiyama