大切に育てたい、表情豊かな『Hender Scheme(エンダースキーマ)』のヌメ革スニーカー。

『Hender Scheme(エンダースキーマ)』から、モノづくりの背景にも光を当てたコンセプチュアルなレザースニーカーが登場。冬のギフトにもぴったりな存在感です。
スニーカー¥56,000/Hender Scheme

 

モノづくりの背景や過程もデザインに込めたコンセプチュアルな一足。

 

浅草にあるアトリエを拠点に、靴や革小物などを中心としたプロダクトを展開する『Hender Scheme(エンダースキーマ)』。表層的な部分だけではなく、モノが出来上がる背景や過程などに重きを置き、モードとクラフトのバランスのとれたモノ作りをするなど、独自の哲学が光るブランドです。

ヌメ革の魅力が堪能できる人気のmipシリーズの最新作は、誰もが知るローカットのバスケットシューズがモデル。エンダースキーマが毎シーズン新たに展開しているオマージュコレクションのファーストモデルのローカット版となり、原点回帰ともいえるモデルです。奥深い表情がなんともいえない素材には、ベジタブルタンニンなめしのレザーを採用。アッパーは牛革で統一し、ライニング(かかと側のパーツ)には豚革を使っています。

 

 

スニーカー¥56,000/Hender Scheme

 

だんだんと飴色になっていく革の変化を愛おしんで。

 

カジュアルなスニーカーデザインながらも、工程はレザーシューズとしてしっかりと丁寧な手作業を経て作られているので、ケアをしながら何年も履き続けられるのが何よりの特徴。上質のベジタブルタンニンレザーが経年変化によってツヤを増し、美しい飴色になっていくのを楽しめます。履き心地はレザーシューズを少し快適にしたような感覚で、履き続けるうちにだんだんと足に馴染み柔らかくなっていくのだそう。自分の足の形にあったはき心地へ変化していく過程も愛おしくなる、まさに大人のための一足です。

 

 

スニーカー¥56,000/Hender Scheme

 

スポーティーなシルエットながら、きれいめモードなスタイルにも合わせやすいヌードカラーなので、ボーイッシュなスタイルはもちろん、カジュアルダウンしたいときにも活躍必至。スーツの足もとにさりげなく合わせて抜け感を出したり、いつものニット&デニムのカジュアルコーデに合わせてクラスアップさせたりと、いろんなスタイルが楽しめそう。今年の冬なら、トレンドのブラックコーデの足もとに効かせた大人のこなれスタイルもおすすめ。なめ革の明るさがひときわ際立つ、一歩先のカジュアルコーデが完成します。

 

スニーカー¥56,000/Hender Scheme

 

工業製品であるはずのスニーカーを、手作業のレザーシューズとして作り上げることで、各工程に関わった職人のクセや思いがプラスされ、なんともいえない独特の空気感を醸し出す一足に。ソールも交換可能なので、革靴として長く履いていきたいとっておき。自分へのご褒美はもちろん、こだわりを持って日々を暮らしている方へのプレゼントにもおすすめです。

 

スキマ 恵比寿
03-6447-7448

 

 

photograh: Kim yongduck
styling: Rina Taruyama
text:Sakura Komiyama