寒〜い冬は、モコモコ感に心躍る!ムートンで暖かな、『Scye(サイ)』のドンキージャケット

コートの下は薄着でOK! 上質ムートンを使用した、『Scye(サイ)』の一生モノなアウター


ジャケット¥400,000/Scye(マスターピースショールーム)

本格的なウィンターシーズンの幕開け。これからの季節に頼れるアウターはもう準備しましたか。あまりの寒さに外に出るのも億劫になってしまうから、羽織るのが待ち遠しくなるような一着を見つけたいところ。そんな下がり気味のテンションに効くのは、見た目も着ても暖かなモコモコのアウター! お気に入りの一着があれば、とことん冷える日もお出かけが楽しみになりますよ。

英国テーラリングをベースに、クラシックとモダンがミックスした新しいスタイルを提案するジャパニーズブランド『Scye(サイ)』から発売されているモコモコのアウターは、ドンキージャケット。ドンキージャケットとは、イギリスの労働者階級のシンボリックなアイテムで、マンチェスターの港湾労働者に向けて作ったワークジャケットが発祥とされています。

ムートンだけど重くない! 素材の柔らかさに夢心地

そんなワーク感のあるアウターを、モコモコのムートンで仕立てれば主役級の存在感を放つ一着に。スペインのG.Estilo社の上質なメリノムートンを使用し、その柔らかさといったら頬ずりしたくなるほど。ムートンジャケットは重量感のあるものも多いのですが、『Scye』のジャケットではこんなにたっぷり使われているのに重さが気になりません。そして羽織った時の暖かさといったら。通勤やタウンユースなら、中に着るものは薄着でも大丈夫なくらいです。

古くならない、普遍的なデザイン。一生モノのジャケットに

ゆったりとしたサイジングで、丈はヒップが隠れるほど。素材はモコモコでボリューミーでありながら、シルエットに重たさをまるで感じないのが不思議。さすがのテーラリングです。古びないデザインだから、一生モノとして長く愛せる一着になってくれるはず。

マスターピースショールーム
03-5414-3531
www.scye.co.jp/

photograph : Kim yongduck
styling : Rina Taruyama
text : Momoko Yokomizo