『Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)』のベストセラーアイテム、ノーカラーキルティングジャケット

軽くて暖かいのに、すっきりと着こなせるのが人気のキルティングジャケット。ワードローブの中に、こういった1着があるだけでコーディネートの幅がぐっと広がります。

『Traditional Weatherwear (トラディショナル ウェザーウェア)』は、ゴム引きコートのブランドとして、1974年に誕生した英国マッキントッシュ社のブランドです。現在は、アウターウェアだけでなく英国の伝統と今の気分を感じさせるスタイルをトータルで提案しています。

ノーカラーキルティングジャケット¥23,000/Traditional Weatherwear

そんな『Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)』が提案するノーカラーキルティングジャケット“ARKLEY(アークリー)”は、ブランドのベストセラーアイテム。近頃のノーカラーキルティングジャケット人気の潮流を生み出したモデルです。

キルティングに施されたパイピングや、ゴールドのドットボタンがリュクスな仕上がりになっています。丸襟なのでマフラーやストールを巻いてももたつかず、すっきりとした首元を演出。カジュアルな印象になりがちなキルティングも、大人の女性に似合う雰囲気を漂わせています。

表地には撥水加工を施したポリエステルを使用。品のある光沢感にくわえ、機能性にも優れた素材です。

ゴールドのドットボタンが施されたサイド・ベンツなど、ディテールのこだわりにも注目。また、ほどよい丈感なので、デニムはもちろん、ボリュームのあるスカートやワンピースにも合わせやすいのがポイントです。

コンパクトなフォルムなので、アウターとしてはもちろん、真冬にはコートのインナーにも着られ、ロングシーズン活躍してくれるのも嬉しいですね。

冬のコートといえば、ロング丈のものを思い浮かべる方が多いと思いますが、ショート丈ですっきりと着られるシルエットのものが1着あると、マンネリ化しがちな冬のコーディネートに変化が与えられます。ぜひワードローブに加えてみてはいかがでしょうか?

Traditional Weatherwear

https://www.tww-uk.com/

03-6264-5568(トラディショナル ウェザーウェア GINZA SIX店)

photograh: Kim yongduck
styling: Rina Taruyama
text:Mikiko Akiyama(marmelo)