ボリュームシルエットを今年顔で着こなしたい、『Yarmo(ヤーモ)』のキルティングコート。                           

老舗のワークウエアファクトリー『Yarmo(ヤーモ)』の新作キルティングコート。包まれるような着心地と、旬のバランス感が楽しめるボリューム感を楽しんで。
キルトラインドコート¥39,000/Yarmo

120年の歴史から生まれた、デイリーモードなビッグコート。

 

『Yarmo(ヤーモ)』は、1898年にイギリス東部で創業されたワークウエアファクトリー。 ワークウェアならではの丈夫さと、気軽に着られる気取らないデザイン、長く着ていくことでより味わい深さを増していく素材使いがなによりの魅力。いまではワークウェアとしてはもちろん、人気のファッションブランドとしても多くのファンを持ち、確固たる地位を築いています。

今日ご紹介するのは、『Yarmo(ヤーモ)』で通年の定番商品「ラボコート」 の裏地に中綿キルトをプラスした「キルトラインドコート」。ナチュラルな風合いが特徴の高密コットンを使用した、軽くてハリのあるビッグボリュームコートです。

 

キルトラインドコート¥39,000/Yarmo

 

ふわふわの中綿キルティングで軽やかさと暖かさを両立。

 

内側の中綿キルティングが袖まで入っていて、寒い日もふんわり暖か。たっぷりとしたビッグシルエットにも関わらず、着心地はふんわり軽やかなのがうれしいポイント。ゆったりとしたドロップショルダーデザインなので、旬のボリュームショルダートップスを着たときのアウターとしてもおすすめ。

 

キルトラインドコート¥39,000/Yarmo

 

やはりいちばんのポイントは、ユニセックスなビッグシルエット。ワイドパンツやマキシスカートに重ねてとことんボリューム感を楽しんだり、スキニーパンツに合わせてメリハリ感を出したり、きれいめのワンピーススタイルにラフにはおってカジュアルダウンさせたりと、幅広い着こなしに使えるすぐれもの。シルエットはボリューミーなのに存在感はとことん軽やかなので、重くなりがちな冬のコーデもさらりとはおるだけで一気に今年らしく軽やかな雰囲気に。合わせるインナーを変えれば、秋から春先までロングシーズン大活躍。重いアウターが苦手な人にとっては、救世主的存在と言えそう!

カラーは写真の生成りの他、ブラック、オリーブの3色展開。 カジュアルながらも抜け感と雰囲気があるので大人モードなスタイルにもぴったりです。あくまでワークウェアなので、汚れも気にせずデイリーに着こなすのがおすすめ。着続けたくたっと感もまたおしゃれな、育てる喜びも味わえるとっておきの一着です。

 

グラストンベリーショールーム

03-6231-0213

photograh: Kim yongduck
styling: Rina Taruyama
text:Sakura Komiyama