手仕事のぬくもりと品が宿る『maison de soil(メゾン ド ソイル)』の上質カジュアルな服。

コアな服好きの心を掴んでいる『maison de soil(メゾン ド ソイル)』。ワンランク上のカジュアルを目指すなら、ぜひチェックして。

コンフォート&リラックスをコンセプトにしたブランド『SOIL(ソイル)』のハイクラスラインとして2009年にスタートした『maison de soil(メゾン ド ソイル)』。

「SOIL」は「大地、土」を意味し、そこに立つアトリエをイメージした『maison de soil』は、よりコアでハイクオリティなアイテムを提案しています。
キーワードはGENUINE(本物の、純正の)、HANDWORK(手仕事)、 LEISURELY(ゆったり、のんびり)。
ヴィンテージコスチュームからインスパイアされたデザインは、奇をてらった過度なディテールはなく全てがリアルクローズで、素材の良さを引き出すことを最優先としています。
それぞれの産地の伝統的な素材をベースに、熟練の職人による高度な手仕事や、一針一針を丁寧に縫い上げたハンドステッチ等が加わり、完成した製品の全てから作り手のぬくもりを感じることができます。

シルク×コットンの、軽く、艶めくキルティングシリーズ

ジャケット¥32000、パンツ¥28,000/ともにmaison de soil(メゾン ド ソイル 恵比寿店)、タートルネックニット¥30,000/JOHN SMEDLEY(リーミルズ エージェンシー)、シューズ¥63,000/Paraboot(パラブーツ青山店)

 

今回ご紹介するのは、表地シルク、裏地コットンのキルティング生地を使ったQUILTED SILK/ORGANIC STRIPEシリーズ。中綿は入れずにコットン生地を1枚挟んだだけの薄くて軽いキルティングに仕上がっています。今シーズンは裏地にストライプ柄のコットン生地を使用。薄さと軽さに加え着心地の良さも特長のひとつです。

 

カジュアルだけど上品。着こなしに差がつくこだわりアイテム

クルーネックのジャケットは、比翼仕立ての前立てが特徴のすっきりとしたシンプルな1着。程よくコンパクトなので太めのボトムスとも相性抜群です。

同素材のイージーパンツは、裾幅が35cmあるワイドなシルエットが特長的。コットンの裏地付きで、ウエスト部分には大きめのポケットも付いています。

一見カジュアルなアイテムながらも、表地のシルクの光沢が上質感を漂わせ、ワンランク上のコーディネートに導いてくれます。

生地が薄くて軽いキルティングなので、寒い時期には上からコートを着ることもできます。また裏地にストライプ柄のオーガニックコットンを使用しているので、春、秋、冬の3シーズンで着用できるのも魅力。

写真のようにセットアップで着用すれば、より上品でおしゃれなムードに。もちろんそれぞれ単品使いもおすすめです。

 

カジュアルでリラックス感があるのに、子どもっぽくなくラフすぎない。上品さをたたえたmaison de soilのアイテムを身にまとえば、大人の上質なデイリーコーデが叶いそう。

 

メゾン ド ソイル 恵比寿店 tel:03-5773-5536

リーミルズ エージェンシー tel:03-5784-1238

パラブーツ青山店 tel:03-5766-6688

 

photograph:Kimyongduck

styling:Saori Kitagawa

hair&make:Aoi Nagasawa

model:Riona(AMAZONE

text:Yu Konisho