検索
13
2017
AUGUST
SUN

清潔なキッチンこそ、家事のモチベーション。デザインも機能も満たされる、水切りかご。

朝目覚めてキッチンに入った時きれいに片付いていると、それだけで気分良く1日をはじめられる。磨き上がったシンク、水回りはできるだけスッキリと。


 

 

『la base』(ラバーゼ)の水切りかごを知った時、これはキッチン革命だと感じた。最新のシステムキッチンや自分好みに設計されたものならば水切りのスペースもちゃんと考えられているが、大抵の家では別に水切りカゴを用意する必要がある。その水切りかごに不満を持っている人はきっと少なくないはず。プラスチック製のものはなんだか味気なく、キッチンの雰囲気も損ねてしまうから。

 

ステンレスのワイヤーだけで作られたミニマムなデザインは、どんなキッチンもスッキリとした印象に変えてみせる。そのシンプルさの中に残ったのは、本当に必要なものだけ。空気の通りがいいから食器が乾きやすいことはもちろん、接着部分が少ないことにより汚れも溜まりにくい。またサイドに付いたポケットには箸やカトラリーを別で置くことができたりと便利な仕様に。

 

職人たちの手によって作られた逸品は決して安い買い物ではないけれど、そこには耐久性や手入れのしやすさなど変えられない価値がある。

 

水切りかご小(縦置きタイプ)3点セット¥13,000

 

la base

http://labase.jp/

0256-63-9711(和平フレイズ)

 

photograph:KimYongDuck

styling:Mari Nagasaka

text : Momoko Yokomizo

 

location: リノベーション賃貸「TOMOS」

https://www.goodrooms.jp/detail/001/45657205/

Share
はてなブックマーク

2017年08月のテーマ 長く使いたいもの


毎日使う日用品には、ほんの少しの遊び心を忍ばせて。


鏡に向き合うことは、自分自身に向き合うこと。お気に入りの鏡と毎日を生きていく。


足元は黒がオールマイティ。服をひきたてる、『SANDERS』のレザーシューズ


ときには模様替えでリフレッシュ。テーブルとラグが作る、新しいお気に入り空間。


家事上手の基本は道具選びから始まる。『野田琺瑯』丸型洗い桶のいく通りもある使い方


毎日使うものだって、あっという間に捨てたくない。丈夫プラスαのあるキッチンアイテム


永遠の定番『L.L.Bean』のトートバッグがインテリアに。美しさと頑丈さを兼ね備えた、自慢したくなるランドリートート


たどり着いたのは、素材の良さが際立つ『CINQ』のレザーウォレット


大人になったらパールを上手に使いたい。あらゆる場面で見劣りしない、無敵のアクセサリー


マーガレット・ハウエルの審美眼にかなった日用品。とっておきのトレイ一枚で広がる暮らし。


マーガレット・ハウエルのホームラインが見逃せない。玄関からスタイルを感じられる家に


おしゃれなインテリアを作るコツ。空間を引き締める黒のアイテムを上手に取り入れて。


シンプルで長く使えるものを。職人の技が光るステンレス製ランドリーハンガーで、毎日の洗濯をもっと楽しく。


限られた空間を居心地よく過ごしたいから。 座って置けて持ち運べる、いいことばかりのウルムスツール


はじめてのオーディオはルックスも中身もこだわりたい。のびのびと音楽に包まれるリラックスタイム


必要なことは、挟んでつるすだけ。イケアのカーテンフックで作る、手作りインテリア


男性向けじゃない。靴べらは、靴を愛する”シューズラバー”の必須アイテム。『Redecker』のハンサムな靴べらで、一歩先のおしゃれを手にいれる。


「Less、but better=より少なく、しかしより良く」 MoMAのアーカイブ入りしたBRAUNの壁掛け時計は、居室の名脇役。


清潔なキッチンこそ、家事のモチベーション。デザインも機能も満たされる、水切りかご。


鍵や時計、アクセサリー。身の回りのアイテムを飾るようにディスプレイする〈PACIFIC FURNITURE SERVICE〉の無垢材コイントレー


ファイヤーキングの生みの親が作り出す、シンプルで質実剛健なガラスジャー


船の道具がドアストッパーに。「LABOUR AND WAIT(レイバー・アンド・ウエイト)」のユニークな発想に注目


新鮮で、どこか懐かしい。琺瑯のある生活のすすめ


パリッと餃子に夏野菜のアヒージョ、鉄フライパンなら料理がもっと美味しく。


洗面台まわりはすっきりシンプルに保ちたい。


頭皮のマッサージ効果も。美しい髪を手に入れる〈アヴェダ〉のヘアブラシ


毎日を心地よく過ごす部屋の香りは、ハンドウォッシュでさりげなく取り入れて。


雨の日の晴れの日も。どんなコーディネートにも寄り添う、シンプルシックな〈CINQ〉の長傘


休日のゆっくりブランチは、ホットサンドでおうちカフェ。


ワンルームに最適なのはソファよりも、くつろげて持ち運びできるフロアクッション


『かもめ食堂』で使われていた、あのケトルを自宅のキッチンに。


関連記事

おすすめ記事

Follow us!
Follow us!