ディテールに美が宿る『10 eyevan(テン・アイヴァン)』のアイウェアで、新しい自分に。

2017年のデビュー以来、洗練された美しさで話題を集める『10 eyevan(テン・アイヴァン)』。隅々までこだわり抜かれたパーツで構成されたデザインが魅力です。
メガネ¥64000/10 eyevan(コンティニュエ)

普遍的なのに圧倒的。こだわり抜かれた美しいデザイン。

 

なんとなく気分を変えたい。新しい自分に出会いたい……。プラスワンでがらりと雰囲気を変えられるアイウェアは、そんな秋の気分にぴったりなアイテムです。

2017年にデビューして以来、アイウェアフリークの間で話題を集める『10 eyevan(テン・アイヴァン)』。デザイナーを務める中川浩孝氏が「美しい道具」をコンセプトに、自らの美意識に基づき純粋に美しいと思えるデザインと機能性を具現化したアイウェアブランドです。「美しい道具は美しいパーツの集合体である」という考えのもと、パーツを吟味・考察し、3年以上の歳月をかけて”10個の特別なパーツ”で構成された眼鏡を作り上げることに成功。メガネのデザインをネジから新しく考え直すという、これまでにないアプローチを経て、うっとりするような美しいフレームが完成しました。

 

メガネ¥64000/10 eyevan(コンティニュエ)

 

さりげなくプラスして、カジュアルスタイルを華やかに。

 

シンプルなのになぜか目が離せない、洗練された佇まい。うっとりするような美しいデザインの秘密は、そのフレームを形作っているそれぞれのパーツにあります。”10個の特別なパーツ”は、頭がプラスやマイナスでなく六角星形の形をしたβチタン製のトルクスネジや、天然素材である貝を用いたシェルパットなど、何年もかけて開発された物語とこだわりの詰まったものばかり。機能的に優れているのはもちろん、ひとつひとつが無駄のない端正なデザインなので、アイウェアとして組み上がったときにも、全体の仕上がりをひときわ美しく見せてくれるんです。

 

メガネ¥64000/10 eyevan(コンティニュエ)

 

こちらのメガネは、シンプルなパント(丸)スタイルなので、オン・オフ、カジュアルダウン・ドレスアップなど、スタイリングを問わずに着用することができるオールマイティーさが魅力。一見シンプルながらも、上質なアクセサリー感覚で着用することで、顔まわりに華やかなポイントをもってくることができるすぐれものです。メタルフレーム特有の軽さがあるので長時間の着用もしやすく、デイリーに使いやすい小ぶりなサイズもうれしいポイント。この秋のおすすめは、カジュアルコーデにプラスしたデイリーモードなスタイリング。さりげないのにワンランク上のクラス感が漂う、とっておきの洗練スタイルが楽しめそうです。

 

 

10 eyevan

http://10eyevan.com/

コンティニュエ

tel:03-3792-8978

 

 

photograh:Kimyongduck

styling:Saori Kitagawa

hair&make:Aoi Nagasawa

model:Riona(AMAZONE

text:Sakura Komiyama