『ANATOMICA(アナトミカ)』のデニムパンツで、フレンチベーシックにひとさじの個性を。

『ANATOMICA(アナトミカ)』の人気デニム「マリリン2」。一度はけばクセになる、唯一無二の美シルエットが魅力です。
ジャケット¥54,000、Tシャツ¥8,640、デニムパンツ「618 MARILYN Ⅱ」¥29,160、スカーフ¥11,880/ANATOMICA(アナトミカ 東京)、シューズ¥15,120/Catworth(グラストンベリーショールーム)、ソックス/スタイリスト私物

 

マリリン・モンローの愛したデニムパンツを新解釈。

 

1970年代より世界中のファッションシーンに多大な影響を与え、今なお現役であるPIERRE FOURNIER(ピエール・フルニエ)。1994年、彼がパリ4区にオープンしたお店が『ANATOMICA(アナトミカ)』です。“多種多様な人体にフィットする服と靴”をコンセプトに、ピエール氏独自の感性で生み出されるアイテムは、一見シンプルでありながら、デザインや素材、パターンに至るまで、徹底的にこだわったものばかり。その後、デザイナーの寺本欣児氏との出会いを経て、2011年には東京に旗艦店をオープン。着れば分かる心地よさと、常に進化する革新的なデザインで、いまも日本にファンを増やし続けています。

そんなANATOMICAレディースの代表作ともいえるデニムが「618 MARILYN(マリリン)シリーズ」。マリリンモンローが履いていたとされるモデルをベースに、股上がうんと深くデザインされたひとしなです。ゆるっと太めなシルエットながらも、履けばすっきりと上品で女性らしく見える絶妙なデザインに魅了される女性が続出。不朽の名作として、いまではすっかりデニム好きの定番入りを果たしました。

今日ご紹介するのは、そのマリリンの新型である「マリリン2」。こちらも「マリリン1」同様マリリンモンローが愛したモデルがデザインモチーフになっていますが、シルエットはまったくの別物です。

 

ジャケット¥54,000、Tシャツ¥8,640、デニムパンツ「618 MARILYN Ⅱ」¥29,160、スカーフ¥11,880/ANATOMICA(アナトミカ 東京)

 

すっきり、すらり。後ろ姿に自信がもてるシルエット。

 

しっかりと股上があるのは「マリリン1」と同じですが、シルエットはおしりの下からすとんと落ち、すそに向かって徐々に細くなっていくテーパードデザイン。リラックスした着心地なのに、すっきりと美脚に見える計算しつくされたシルエットは脱帽ものです。おしりに入ったダーツがヒップ特有の立体的な美しいラインを生み出すので、「後ろ姿が美しくみえるデニム」としても定評あり。両方アメリカ製の素材ですが、「マリリン1」が軽くて薄手のオンスを使っているのに比べると、「マリリン2」の素材はしっかりとハリのあるタフな印象。がしがしはいて、自分だけのデニムに育てて行ける1本です。

合わせたジャケットは、ANATOMICAが誕生してから毎シーズン展開している「ドールマン」シリーズ。1800年代中期、サーベルで闘っていたころの兵士が着ていた服がデザインソースで、ボタンの数が多く丈の短いコンパクトなシルエットが「マリリン2」とも好相性。デニムはぜひウエストインで、シルエットの美しさを堪能したいところ。肩の力は抜きつつも、上品な雰囲気の漂うワンランク上のフレンチベーシックスタイルがかないます。

 

ジャケット¥54,000、Tシャツ¥8,640、デニムパンツ「618 MARILYN Ⅱ」¥29,160、スカーフ¥11,880/ANATOMICA(アナトミカ 東京)、シューズ¥15,120/Catworth(グラストンベリーショールーム)、ソックス/スタイリスト私物

 

「マリリン1」の愛用者が、2本目の「マリリン」として手にすることが多いという「マリリン2」。マリリンシリーズに初めてトライする人は、1と2、両方試してみるのもよいですね。いつものデニムとチェンジするだけで、一気にこなれた雰囲気が楽しめる、大人の魅力が詰まった珠玉の1本。最高の普段着として、ぜひワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。

 

アナトミカ 東京
03-5823-6186

photograh:Kimyongduck

styling:Saori Kitagawa

hair&make:Aoi Nagasawa

model:Riona(AMAZONE

text:Sakura Komiyama