検索 はてなブックマーク

新鮮で、どこか懐かしい。琺瑯のある生活のすすめ

ヨーロッパ各国で長い時代受け継がれ、美しさと実用性を兼ね備えた生活道具を紹介するロンドンの雑貨店「LABOUR AND WAIT(レイバー・アンド・ウエイト)」。琺瑯製のシンプルなデザインと、清潔感漂うホワイト×ネイビーのカラーが印象的なタンブラーとソープディッシュで水周りがぐっとスタイリッシュに。

 

エナメルタンブラー¥1,300、ソープディッシュ¥2,100/LABOUR AND WAIT


 

毎日使う日用品。使い勝手がよく、自分の手にちょうどよく馴染むもの。そして日々の暮らしが豊かに感じられるこだわりのものを選びたい。

水に強く、耐久性に優れた琺瑯は水周りにはぴったりの素材。ロンドンの雑貨店「LABOUR AND WAIT(レイバー・アンド・ウエイト)」がセレクトするエナメルタンブラーは、琺瑯ならではのつやつやとした光沢感が美しく、どこか懐かしいような存在感も感じられます。

 

タンブラーとしてはもちろん、歯ブラシや歯磨き粉ホルダーなど、乱雑になりがちな水周りをすっきりスタイリッシュにまとめてくれます。軽くて持ち運びにも向いているので、キャンプやピクニックなどのアウトドアギアとしても重宝しそう。

 

ソープディッシュ¥2,100/LABOUR AND WAIT


 

どことなくレトロな雰囲気がただようソープディッシュは、今でもヨーロッパで日常的に使われているものなのだそう。少し丸みを帯びた四角いフォルムと、水玉模様のような水切り穴もかわいらしく、どんな石鹸をディスプレイしようか、あれこれ楽しみも広がります。

           

タンブラーもソープディッシュも縁に施されているネイビーのライン。

これは、錆が目立たないようにするための縁取りなのだとか。

道具としてのささやかな工夫が、デザインとしても機能しています。

 

 

LABOUR AND WAIT TOKYO

https://www.instagram.com/labourandwait_tokyo/

03-6804-6448

 

photograph:kimyongduck

styling:Mari Nagasaka 

location: リノベーション賃貸「TOMOS」

https://www.goodrooms.jp/detail/001/45657205/

Share
はてなブックマーク

関連記事

Follow us!
Follow us!