極上の履き心地。『SUICOKE(スイコック)』のサンダルが夏旅の歩行をサポート

スポサンブームを牽引してきたシューズブランド『SUICOKE(スイコック)』のサンダルの魅力にフォーカス!

履き心地を追求しソール開発も行うシューズブランド

左 サンダル¥10,800、右 サンダル¥19,440/ ともにSUICOKE

アウトドアのイメージが強かったスポーツサンダルも、ここ数年の間にタウンユースが当たり前となり、普段着に取り入れたスタイリングがすっかり浸透。

そんなスポサンブームの先駆者であり、人気をリードしてきたともいえるのが『SUICOKE』です。

自分たちが本当に欲しい物、所有したい物だけを作っていく、挑戦的創造開発をコンセプトに、2006 年から高品質シューズをメインに製造するシューズブランドです。

ブランド開始後はシューズだけでなく、バッグ、ロシアの民芸品「マトリョーシカ」の完全別注品や、本場のタイクッションなどを作製し、どのジャンルにも属さない自由な発想で展開をしてきました。

特にシューズに関しては、世界的ソールメーカーのVibram(ビブラム)社とのタッグによる製品開発で大成功を収めています。Vibram ソールを搭載したサンダルのリリースをはじめ、マーブル柄のVibramソールの開発を行うなど多岐に渡ります。

また2012年夏からは独自開発した「SUICOKE オリジナルサンダルEVAフットベッド」を使用したサンダルを発表。そして2014年春夏モデルではそれを更に進化させ、Vibram社との開発で作った世界初となる 「SUICOKE オリジナルサンダルEVAラバーフットベッド」を発表。以降挑戦的な開発を続けています。

 

オリジナルフットベッド×Vibram社製アウトソールの最強タッグ

SUICOKE(ORGY社)の発案によって始まったVibram社でも世界初となるフットベッドの開発は、Vibram社の培ってきたフットウェアー用のゴム配合技術を最大限に活用。

一般的なサンダルに使用されるEVA(スポンジ素材)は、経年による潰れが生じるのに対し、こちらは柔軟な踏み心地に加え、反発性を兼ね備えた仕上がりに。これによって劣化を最小限に抑え、さらにその反発はスニーカーのような蹴り出しも感じることができます。
アウトソールはVibram社独自開発のMor Flexを使用し、軽さと耐久性のある作りになっています。

このオリジナルフットベッドとMor Flexアウトソールの最強の組み合わせによって、抜群の履き心地と軽さを持ち合わせた究極のサンダルとも言えるプロダクトが実現。

 

街と普段着にフィットする洗練されたデザインも人気の理由

追求された機能性・履き心地に加えて、デザイン性も見逃せないポイントです。

アウトドアシューズブランドから数多くリリースされているスポーツサンダルですが、その中でもSUICOKEのデザインはゴツさや野暮ったさを感じさせず、無駄のない洗練さを感じます。

だからこそ街に馴染み、普段着にも馴染み、シーンや層を問わず多くの支持を得ているのではないでしょうか。

 

一度履けばその快適さにやみつきになること必至のSUICOKEのサンダルは、夏旅での長時間の移動や歩行にもぴったりです。

さらに夏はフェスやキャンプなどの屋外イベントが多くなるので、SUICOKEの出番が一段と増えそうな予感。

 

SUICOKE

ネイビー・ノート 03-6456-4423

 

photograph:kimyongduck
styling:Rina Taruyama
text:Yu Konisho