洗練デザインで1台3役! 『cado(カドー)』の除湿機で蒸し暑い日も快適に。

梅雨のお助けアイテムとして取り入れたい、除湿機。機能性もデザイン性も優秀なプロダクトを『cado(カドー)』で見つけました!

じめじめする梅雨の時期は、とにかく湿気との戦い。そこで活躍するのが除湿機です。

だけど市販の除湿機というと、どれも生活感の出る“いかにも家電”という雰囲気のものばかり…。

機能も重視したいし、見た目のデザインも大事! という方におすすめしたいのが、cadoの除湿機「ROOT 7100」です。

 

1台3役で、広々空間にも対応のパワフルな除湿性能

ROOT7100 ¥42,660/cado

 

この「ROOT 7100」は、1日あたり最大7.5ℓ、コンクリート住宅19畳に対応したパワフルな除湿性能を搭載。

地中の水分を吸収する植物の根のように、空気中の湿気を吸い、部屋の湿度バランスを爽やかに保ってくれます。

しかも1台で3役をこなす、優れもの。

「除湿モード」では、快適な湿度になると自動でコンプレッサーを停止し、送風運転に切り替わることで過度な除湿を防ぎます。これなら乾燥することもなく、お肌や喉にもやさしい。

「衣類乾燥モード」では、梅雨の季節や花粉の飛散が心配な季節、また高層階の住居などで外に洗濯物を干せない時など、部屋干しの洗濯物をスピーディーに乾かします。

さらに嬉しい「除菌消臭」機能も。「除湿モード」「衣類乾燥モード」運転時に、別売りの除菌・消臭剤「ピーズガード」を同時に使用すれば、除湿をしながら部屋の嫌なニオイやウイルスを元から分解・除去します。

また、「衣類乾燥モード」で「ピーズガード」を使用すれば、衣類に付着した部屋干し臭の原因菌を240分で99%除去します。

 

主張しすぎず、生活感の出ないミニマルデザイン

見逃せないのが、そのスタイリッシュな見た目。まるでスーツケースのような洗練された佇まいは、どんな空間・インテリアにもなじんでくれそうです。

そしてこのデザインは使い心地の良さにもつながっています。

アルミハンドルと、360°回転するキャスターを搭載しているので移動がスムーズでラク。

お部屋では除湿と除菌消臭、洗面所や脱衣所では衣類乾燥など、空間ごとの様々な用途に合わせて活躍します。

特に排水時は重たいタンクを持ち運ぶ必要がないので、ラクに排水できるのが女性には嬉しいポイント。

またキャスターはストッパー付きなので安全です。

 

これから続く蒸し暑いシーズンはもちろん、季節を問わず部屋干しする日にも、cadoの「ROOT 7100」があれば、気分も爽やかに過ごせそう。

 

cado

0120-707-212

https://cado.com/jp/

 

photograph:Kimyongduck

styling:Rina Taruyama

text:Yu Konisho