『OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)』のスキンケアで、梅雨時もご機嫌に。

上質な天然成分で話題の『OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)』。やさしさに包まれる、幸福なスキンケアタイムを過ごしてみませんか?
ヴェリターブル・オー・イオニゼ・イジェニーク・レクティフィエ(クレンジングウォーター)¥4,968、アシッドゥ・イアルロニック(モイスチャライジングパウダー)¥4,752(日本未発売)/Officine Universelle Buly

パリの総合美容専門店から届いた、天然成分のスキンケア。

しとしと雨が続く梅雨シーズンは、なんだかお肌も気持ちもすっきりしない時期。そんなときこそ、自分の肌に合わせたスキンケアにこだわって、お肌も心もサポートしてあげたいもの。

パリ生まれの総合美容専門店『OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)』は、1803年に調香師のビュリー氏がパリで立ち上げた老舗薬局を、ヴィクトワール・ドゥ・タイヤックさんとラムダン・トゥアミ氏が現代によみがえらせたもの。アルコールを一切使わず、自然由来成分だけで作られた水溶性の香水や天然由来の上質なスキンケアアイテムは世界中にファンを持ち、2017年に日本に上陸して以来、多くのコスメマニアをとりこにしている人気ブランドです。

「ヴェリターブル・オー・イオニゼ・イジェニーク・レクティフィエ」は、イオンと微量元素を含むクレンジングウォーター。成分に含まれる銀が角質除去に効果を発揮し、金が輝きと美しさをプラス。さらにゲルマニウムがお肌をなめらかにし、肌バランスを整え、豊富に含まれるクロロフィル成分がお肌を健やかに保ち、シリコン成分がフリーラジカルから守ってくれるすぐれもの。優しい使い心地も魅力で、お肌が不安定になりがちな梅雨時の朝晩のクレンジングにもぴったり。やさしい拭き取り洗顔式なので、夏場のクーラーで乾燥しがちな方にもおすすめです。

「モイスチャライジングパウダー」は、シワ対策や肌深層への保湿、傷跡を薄くするなどの効果が期待できるヒアルロン酸パウダー。上記のクレンジングウォーターと混ぜればアンチエンジング効果の期待できる保湿液として、お肌のタイプに合った植物性オイルに混ぜればピーリング効果のある美容液として使えるなど、さまざまなスキンケアが楽しめるひとしなです。こちらは日本未発売。いまから上陸が待ち遠しいですね。

お気に入りのスキンケアを味方につけて、毎日をハッピーに。

ユイル・ヴェジェタル・ドゥ・グレン・ドゥ・ババス(ババスシードオイル)¥5,292、ユイル・ドゥ・マセラ・ドゥ・シトロネル・ドゥ・マダガスカー(レモングラス浸漬液オイル)¥3,564/Officine Universelle Buly

「ユイル・ヴェジェタル・ドゥ・グレン・ドゥ・ババス」は、クリーミーなテクスチャー。ババスという植物の種子を使ったオイルで、皮脂の分泌を抑える効果により、マットで毛穴の引き締まったなめらかな肌へと導きます。お肌にのせた瞬間からすーっと馴染む感触は、うっとりする心地よさ。汗でべたつきがちな梅雨時のオイルケアにも最適です。

「ユイル・ドゥ・マセラ・ドゥ・シトロネル・ドゥ・マダガスカー」は、ユウウツな雨の日もさわやかな気持ちで過ごせるレモングラスのオイル。お肌を健やかに保ち、皮膚を保護してくれます。また、乾燥したリップの保湿にも効果的。汗ばむ季節にぜひトライしてほしいのが、レモングラスオイルのフットバス。熱めのお湯にシアバター小さじ半杯とレモングラスオイル20滴を加え、しばらく足をひたせば、清潔でやわらかく白い肌に。週に1〜2度の利用がおすすめです。

 

ユイル・ヴェジタル・ドゥ・ブロッコリ(ブロッコリーオイル)¥6,912/Officine Universelle Buly

「ユイル・ヴェジタル・ドゥ・ブロッコリ」は、ブロッコリーのオイル。日本ではあまり馴染みのないブロッコリーオイルですが、お肌にもヘアにも使える頼れるスペシャルな一品です。ヘアオイルとしては、髪質を問わず、脂っぽくならずに髪をやわらかに輝かせてくれるとっておき。ブラッシング時の不快な静電気も抑えてくれるので、快適なヘアケアが楽しめます。お肌をやわらかく、穏やかに保ってくれるので、乾燥肌のスキンケアにもおすすめ。

天気や体調、その日の気分によって使い分けたい、オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーのスキンケアアイテム。天然成分のみからできた上質さ、気分が晴れやかになるやさしい香り、飾っておきたくなる美しいパッケージデザインなど、語り出したらきりがない魅力にあふれたシリーズです。使うほどにお肌がよろこぶ心地よさを、ぜひ試してみてくださいね。

 

Officine Universelle Buly

0120-09-1803

https://www.buly1803.com/jp/

photograh:Kimyongduck

styling:Rina Taruyama

text:Sakura Komiyama