検索 はてなブックマーク

トラッドの勢いが止まらない。靴棚に一足は揃えておきたい、ハンサムレザーシューズ。

感度の高い人は指名買い、コストパフォーマンス抜群のメイド・イン・インドネシアの逸品

女性だからといって、ここぞという時にヒールの靴を履く必要はない。

 

時代は日ごとに自由に、特にファッションでは男だから女だからという壁はどんどん低くなっている。イギリスが生んだファッションアイコン、アレクサ・チャンのトムボーイスタイルは、普通の女の子たちがメンズアイテムをスカートと同じように選択肢の一つとして取り入れるきっかけに。特にすらっとした足元にメンズと同じブーツやローファーを合わせたスタイルはとても新鮮に映った。そして今ハンサムなシューズは流行では終わらない、ニュースタンダード。

 

サイドゴアブーツ¥34,000


 

『Jalan Sriwijaya』(ジャラン・スリウァヤ)のシューズは感度の高い人はすでに愛用しているとっておきの、コストパフォーマンス抜群のレザーシューズブランド。目利きたちも唸る上質の仕立てはイギリスで培われたもので、その履きやすさからリピーターも多いそう。

今のエッセンスも取り入れられたショートブーツは、程よいボリューム感が魅力。パンツだけでなくミモレ丈のスカートにも合う。

 

(左)ストレートチップ¥32,000 (右)ローファー¥32,000


 

美シルエットのドレスシューズとローファーはきちんとした装いが必要な時にはもちろん、ラフな装いの時も足元で上品に仕上げてくれる。シンプルだからこそコーディネートの幅は広く、アレクサを見習い自由にプレイフルに履きこなして。

 

 

Jalan Sriwijaya

http://www.jalansriwijaya.com/

03-5453-0033(ジー・エム・ティー)

 

 

photograph:KimYongDuck

styling:Mari Nagasaka

text : Momoko Yokomizo

 

 

Share
はてなブックマーク

おすすめ記事

関連記事

Follow us!
Follow us!