デニムの聖地で培ったモノづくり精神が宿る、『ordinary fits(オーディナリーフィッツ)』のオーバーオール

ワードローブに1着あると幅が広がるオーバーオールを、『ordinary fits(オーディナリーフィッツ)』からセレクトしました。

カジュアルなのに上品な、大人のオーバーオール

オーバーオール¥27,000/ordinary fits

 

デニムの産地として知られる岡山県児嶋で長年培った経験からものづくりを続けている『オーディナリーフィッツ』。

「10年後も着ていたい服」をコンセプトにブランドを展開しています。

 

そんな『オーディナリーフィッツ』から今回ピックアップするのは、毎シーズン人気のオーバーオール。

今季は11.5ozのやさしい手触りのデニム素材を使用。デニムが少し重く感じがちな春夏シーズンでも軽やかに着られて、ゆったりとして動きやすいのも魅力です。

 

肩はアジャスターで調節が可能なので、胸当てを低くして緩く着ることもできます。
バックポケットの仕様はパッチポケットになっていて、実用的かつデザインのアクセントに。

 

 

永く着られて、育てるたのしみを味わえるデイリーウェア

 

ゆったりとしたシルエットでカジュアルな印象がありながらも、両サイドにステッチ上に配したスラッシュポケットを付ける等、きれいなディテールでまとめているのがポイント。

 

足元にはスニーカーはもちろん、パンプス等のフェミニンなシューズも好相性。

インナーに合わせるトップスも、Tシャツやシャツ、ブラウス、タンクトップ等、幅広いアイテムコーデが叶い、“大人カジュアル”な着こなしが楽しめます。

 

 

カジュアルになりすぎない深いインディゴブルーは、着込んでいくほどに風合いを増していくので、そうした経年変化も楽しみながら永く着たいアイテムです。

 

ちょっとしたお出かけの外しアイテムとして、こんなこだわりデザインのオーバーオールを取り入れてみては? デイリーコーデに遊び心のある鮮度がプラスされるはずです。

 

 

ボトルス 06-6136-5225

https://bottles.space/

https://ordinary-fits.com/

 

 

photograph : Kimyongduck

text : Yu Konisho